« 超お得な年金の話! | トップページ | 知らないと大変!第3号資格の届出漏れの話2 »

2005年5月11日 (水)

知らないと大変!第3号資格の届出漏れの話

第3号被保険者となるには届出が必要なのはご存じ?

第3号の届出といっても、自分自身で届出をするのではなく、夫を雇用している会社が社会保険庁に届出をすることになっているんじゃ!

だから届出漏れを気づかない危険があるのじゃ!

もし届出漏れがあると、最悪の場合、年金を受給できないこともありうるのでご用心。

こんな方は届出漏れの危険大

 だんな様が失業し、短期間の就職活動ののち再就職した時期あり。

  この場合、奥さまは第3号から第1号被保険者となり、再就職で第3号に復帰、第3号の届出が必要じゃ。またこの場合には、国民年金保険料を納付する必要あり!

 過去、奥さまが就職したりパートをしたことによって、厚生年金に加入していて、その後、退職した時期あり。

  この場合、奥さまが退職したときに、だんな様が会社に第3号届出の請求をしないと届出漏れの可能性があるんじゃ!

 公務員から会社員へと転職した時期あり。

  この場合、第3号という立場は変わらないのですが、共済から厚生年金へと加入制度が変わるので、種別確認という届出をする必要があるのじゃ!

こういったケースで届出漏れになる危険があるんじゃ!

心配がある方は、もよりの社会保険事務所に年金手帳をもっていくと確かめられるぞ!

もし届出漏れが発見されたらどうするの?って

救済制度は以前からあったんじゃが、年金改革により、救済制度の拡大があったんじゃ!

これは・・・ゴホン、ゴホン、 ワシはジジイじゃ、

 スマンがこの続きは、明日にしておくれ。

|

« 超お得な年金の話! | トップページ | 知らないと大変!第3号資格の届出漏れの話2 »

年金 知っ得情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 知らないと大変!第3号資格の届出漏れの話:

« 超お得な年金の話! | トップページ | 知らないと大変!第3号資格の届出漏れの話2 »