« コンフェデ見てたら朝だった・・・ | トップページ | エピソード3と空間プロデュース »

2005年6月24日 (金)

貞子が!?・・・うぎゃぁ!!

今日は真夏日だったらしい!
確かに暑かったよぉ!
こんな日の夜は、シネコンでポップコーン片手に映画を見るに限る。
見たのは『THE RING 2』だ!

ただこの映画・・・どうしたいの?って感じでさぁ
貞子・・・じゃなくて、あの化け物をどうしたいの?
あの母親は何がしたいの? 
憑依されてるからって、自分の子供をあんな風に殺そうとできるのか?
シカの攻撃はまったく理解不能!?
ストーリーの出来が悪いのだぁ!!

「リング」シリーズは大好きだから期待していたんだけど、ハリウッド版は前作同様ダメですな!

リングのみどころって言えば、
呪いのテープをコピーするのか、しないのか
他人にテープを見せるのか、見せないのか
テープをコピーすれば、ねずみ算式にコピーが増殖して、それだけの人も死ぬ。
コピーを他人に見せなければ、自分が死ぬ。
どちらも選べないので他の方法を探す、ってところが面白いのに・・・

何も解決してないじゃん!? 何も怖くないし!?

リングの原作は、遺伝子のはなしなんだよぉ。
人の遺伝子は、危機的状況のときに、どのような行動をとるのか?
種の維持か? 利己主義か?
利己主義を選べば、種は絶滅してしまう。
種の維持を選べば、遺伝子はそこで途絶える。

リチャード・ドーキンスの『利己的な遺伝子』によると、遺伝子の最優先の行動は、自分のコピーを作ること。
この本の有名な部分は、南極の皇帝ペンギンの話だろう。
氷の下に自分達の天敵がいるかもしれないので、仲間を突き落としてみて安全を確認する。仲間が喰われなければ安全だ、ってことで・・・
このペンギンの行動は、遺伝子がそうさせているんだとさ!

貞子の遺伝子も利己的な行動をしているだけなのよ!
世間への恨みが強い怨念となって、テープに遺伝情報を念写した。
そのテープをコピーさせることによって、貞子の遺伝子は生き続けることとなり、それを拒む人は殺す。 ペンギン同様に・・・

ハリウッド版だろうと『リング』を名乗る以上は、貞子の遺伝子の恐ろしさを映画で表現してくれよぉ!
意味不明なストーリーを勝手に作るな!って言いたいよぉ!!

|

« コンフェデ見てたら朝だった・・・ | トップページ | エピソード3と空間プロデュース »

映画 こちとら、自腹じゃ!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103678/4692173

この記事へのトラックバック一覧です: 貞子が!?・・・うぎゃぁ!!:

« コンフェデ見てたら朝だった・・・ | トップページ | エピソード3と空間プロデュース »