« 盆休みとG1クライマックス | トップページ | 新幹線、そんなんでいいのか? »

2005年8月14日 (日)

G1クライマックス観戦記

G1クライマックス決勝戦、観戦してきましたよぉ!
超満員で両国国技館は観客でごった返してました。

決勝戦は、蝶野正洋VS藤田和之

蝶野正洋の入場曲『クラッシュ』で登場前に、橋本真也の『爆勝宣言』の前奏(福岡ドームのオープニングテーマ)が会場に鳴り響いたときには、泣きそうになったのはオイラだけではないだろう・・・
まるで入場している蝶野正洋の横には橋本真也がいるかのように・・・
試合でも、藤田の膝蹴りの連打に苦しむ蝶野は、DDTで反撃!
オイラには、橋本真也が蝶野のピンチを救ったようにみえたんですよぉ!!
蝶野自信も試合中に、人さし指を天に突き上げて何かをアピールしているのだぁ!
きっと何かを感じていたんだろうなぁ・・・
勝利者インタビューでも、不思議な力があった!って言ってたし・・・
そうです! 蝶野正洋がG1を制したんです!
破壊王の魂がやどった蝶野正洋には、藤田だろうが勝てないのですよぉ!
通算5度目の優勝!!!!!

オイラの優勝予想は中邑真輔だった。
今の中邑なら、優勝してもおかしくなかったと思う。
でも今日の蝶野正洋は凄かった!
裏STFはまさに圧巻! 中邑がタップするのはしょうがなかったほど・・・
一発一発の攻撃に凄みがあったんですよぉ!
おみそれしました。

川田と藤田の準決勝は、壮絶な試合だったことはここに記す!

|

« 盆休みとG1クライマックス | トップページ | 新幹線、そんなんでいいのか? »

プロレス観戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103678/5470726

この記事へのトラックバック一覧です: G1クライマックス観戦記:

« 盆休みとG1クライマックス | トップページ | 新幹線、そんなんでいいのか? »