« 映画『 ステルス 』 | トップページ | アメリカの経済至上主義に警笛! »

2005年10月18日 (火)

靖国神社参拝問題にもの申す!

小泉首相、靖国神社に私的参拝

先月、大阪高裁が違憲判決を下したなかの今回の参拝だった。
なぜ小泉首相が靖国神社に参拝するのかというと、
不戦の決意を誓い、戦没者を祈る』ためだ。
一国のリーダーが不戦を決意してるなんて、
日本国民として、こんな嬉しいことが他にあるはずがない!
形式ばかりの9条を維持することよりも重いはず・・・
それなのに大阪高裁の判決理由は、
内閣総理大臣としての特別な参拝方法は「政教分離」に反すると判断した。
この司法判決は全くナンセンスだとオイラは思っている!

しかし今回の参拝は、憲法問題に対して配慮したといえる。
でも間違ってはいけないのは、中国・韓国に対しての配慮ではないことだ!
「憲法問題」と「外交問題」は全く別もの、一緒に議論してはダメなのに、
朝日新聞は社説で『負の遺産が残った』と報じてしまう・・・

小泉首相は、A級戦犯を美化してるわけではないし、過去の戦争を正当化しているわけでもないのです。

胡キントウ中国国家主席やノムヒョン韓国大統領が不戦の決意を誓えるのか?
絶対デキナイでしょ!?
日本人は不戦を決意しているリーダーをもったことに誇りをもっていいのだ!

|

« 映画『 ステルス 』 | トップページ | アメリカの経済至上主義に警笛! »

政治・ニュース ブッタ斬り!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 靖国神社参拝問題にもの申す!:

» 終戦の日は「七月八日(1945/8/15)」 [いろは 伊呂波 IROHA]
 小泉首相靖国参拝されて与野党ひとしきり賛否の論議あるやうなれど、任期たかだか数年の一介の総理ごときの参拝にては英霊慰むべくもなからむ。やはりここは天皇陛下に正しき終戦の日たる「七月八日(1945/8/15)」に頂きたし。8/15ならば侵略の正当化にあたる等と中国韓国等から抗議民衆デモなど起こしかねねど、「七月八日」ならば太陰太陽暦まの伝統に東南アジアから極東まで深く思ひを致す契機となるべし。朝三暮四の諺はここに生きたる見本を見出すべし。  明治初期に何故目前の財政困難の打開を当て込む不純の動機に出... [続きを読む]

受信: 2005年10月18日 (火) 18時58分

» 風呂上りの小泉純一郎 [我楽侘箱の世界]
Koizumi―小泉純一郎写真集 小泉首相が靖国神社に参拝したようですね。 今回は私的色を強めた参拝だそうで、いわばプライベートということですかね〜 そんな小泉首相のプライベート満載の写真集があります。 幼少期から総理大臣就任後の活躍ぶりまでの写真...... [続きを読む]

受信: 2005年10月20日 (木) 20時29分

« 映画『 ステルス 』 | トップページ | アメリカの経済至上主義に警笛! »