« GPマスターズとプライド『男祭り』 | トップページ | 1リットルの涙 ~心ない視線~ »

2005年11月15日 (火)

新日本プロレス、身売り!

ゲームソフト会社『ユークス』が新日本プロレスの発行済株式総数の51.5%を取得し、新日本プロレスを買収すると発表した。

アントニオ猪木は、保有する全株式をユークスに譲渡し、新日本プロレスのオーナーから退くことになる。

ホント、びっくりしたなぁ・・・
てっきり倒産したのかと思ったよぉ!?
だって、新日本プロレスの経営危機はずいぶん前から騒がれていたし、ここ何回かの東京ドーム興行の低迷ぶりは明らかだった・・・
それでも10月の東京ドームはおもしろかったと思う!

オイラには明るい未来が見えるんですよぉぉぉ!

それに脱猪木は新日本プロレスのチャンス!

あっ、そうだ! 猪木がよく口にする、新日の世界戦略はどうなるんだ!?

最後に一言、アントニオ猪木の影のない新日本プロレスには、オイラは興味がもてない・・・

|

« GPマスターズとプライド『男祭り』 | トップページ | 1リットルの涙 ~心ない視線~ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメント、どうもです。

確かにWWEの可能性は高いと思う!
ブロック・レスナーと契約した新日本プロレスに興味をもつ企業といえば・・・
猪木の借金を買い取って、新日株を取得しようとした人物、ビンズ!?は、新日本プロレスを使い捨てにしようとした!
危なかったねぇ、新日本!?

これでアントニオ猪木は新日本の象徴になった、ということで・・・

投稿: RE:のぐち | 2005年11月16日 (水) 10時46分

ほんとうにちょっとショックでしたが、猪木はめげないでしょうね。
これまでもたくさんの借金を背負ってやってきた。でもそれは自らを奮い立たせて跳ね返してきた。
しかし、下のものが思うように動かなくなってきた。
団体が残ったのは幸いです。はたしてどこが敵対的買収を仕掛けてきたのでしょうね?
私は個人的にはWWEではないかと思っていますが。

投稿: 安頓 | 2005年11月15日 (火) 11時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103678/7120276

この記事へのトラックバック一覧です: 新日本プロレス、身売り!:

» プロレス界にもM&Aの波が…猪木の新日本プロレスユークスの子会社に [IT講習奮戦記♪ 毎日更新、年中無休!]
格闘技界に激震! 猪木の新日本プロレスは、 ゲームソフト会社「ユークス」の傘下の子会社に それでは、敵対的買収を仕掛けたのはどの会社か? 敵対的買収を阻止にホワイトナイト(白馬の騎士)出現 ユークスの谷口行規社長(37)は「本日付で新日本を子会社化することを決めた。敵対的買収を阻止するため」と説明。サイモン社長は義父の猪木氏に対し、「新日本のカリスマでありシンボルという形で、今後も活躍していただく」と話した。(Sanspo.... [続きを読む]

受信: 2005年11月15日 (火) 11時47分

« GPマスターズとプライド『男祭り』 | トップページ | 1リットルの涙 ~心ない視線~ »