« キーファー・サザーランド、初来日! | トップページ | 1リットルの涙 ~1リットルの涙~ »

2005年11月27日 (日)

バーニー・エクレストンのねらいは?

F1興行会社を買収』・・・えっ!?
これは日経新聞が26日に報じた小さな記事のタイトルだ!
いったい何ごと!?

英国投資ファンド『CVCキャピタル・パートナーズ』は、フォーミュラー・ワン・グループ『SLEC(スラヴィカ・エクレストン・カンパニー)』株の73%を買収すると発表した(買収金額は不明)。
F1は新会社『アルファプレマ』の管理下におかれ、興行が行われる。

また、CVCは残りの27%についても、JPモルガン、リーマン・ブラザーズと交渉し、完全買収を目指す。

新会社『アルファプレマ』の代表には、バーニー・エクレストンが就任する模様。
そうなると、再び完全独占となるような・・・

SLECはもともと、バーニー・エクレストンが100%保有していたが、F1に関する権利を独占しているとして裁判で敗訴、
そのため、資本を分散していた。
バーニー自身も25%を保有していると思われていたが・・・実際は?

もしかして、CVCとは何やら密約がある!?
策士で名高いバーニー・エクレストンなら有り得る!!

・・・でも、実質的には再び同じ形になっただけであって、このねらいは何?

GPMA対策だともいわれているけど・・・

ちなみに、GPMAは2008年から新シリーズを計画している。
今後、バーニーとGPMAは歩み寄れるのかが注目される。

|

« キーファー・サザーランド、初来日! | トップページ | 1リットルの涙 ~1リットルの涙~ »

F1 スーパーアグリ応援団」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103678/7340114

この記事へのトラックバック一覧です: バーニー・エクレストンのねらいは?:

» エクレストン帝国健在 [ヤジウマF1観戦記]
エクレストン F1株式売却を発表 バーニー エクレストンとドイツのバイエリッシェ ランデスバンクは金曜日の午後に、F1株式の大部分をCVCパートナーズへ売却したことを発表した。その合同声明によると、エクレストンは株式のわずかな部分を維持することによって、..... [続きを読む]

受信: 2005年12月 6日 (火) 02時55分

« キーファー・サザーランド、初来日! | トップページ | 1リットルの涙 ~1リットルの涙~ »