« 仰木彬さん、急死! | トップページ | フィギュアスケート »

2005年12月17日 (土)

大増税時代に突入!

税制改正大綱が発表された。
最大のポイントは、定率減税の廃止と所得税率の見直し!

定率減税は、06年に減税幅を半減させ、07年に完全廃止となる。
所得税率は、現在、10~37%の4段階から、5~40%の6段階になる。

 財政再建を考えれば、廃止したほうがいいんだけど、定率減税を導入した小渕さんは“恒久的減税”って言ってなかったかぁ!?
景気回復を理由に廃止できるほど好景気だとも思えないし・・・
ほんと、給料明細を見るのがコワイよぉ!

 それに対して、所得税率の見直しは、低所得者への配慮と高所得者への増税となっている。
ただ、中間層の税率はどうなっているんだろう!?
やはり増税か・・・

 増税論議は着々と進んでいるけど、ほんとに歳出削減は進んでいるのか?
約2兆円の税収増となるようだけど、それだけの納得をさせてくれぇ!
来年度の概算請求額が膨らんでいるのはどういうことか?
ほんと、徹底した歳出削減の姿勢をみせてほしいよ・・・

|

« 仰木彬さん、急死! | トップページ | フィギュアスケート »

政治・ニュース ブッタ斬り!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大増税時代に突入!:

« 仰木彬さん、急死! | トップページ | フィギュアスケート »