« 『亡国のイージス』と憲法9条について | トップページ | ライブドア株、開示注意銘柄へ »

2006年1月17日 (火)

ライブドアに強制捜査!

16日午後、東京地検特捜部と証券取引等監視委員会は、証券取引法違反(偽計取引・風説の流布)の疑いで、ライブドア本社と同社関連会社、堀江社長の自宅など数ヶ所を家宅捜査した。

オイラが思うに、疑惑のポイントは、株式分割株式交換にある!

ライブドアグループの特徴は、株式分割の性質を利用して株価を引き上げ、株式交換という形でM&Aを行ってきた。 そしてこの繰り返し!

理論的には、株式分割をしても時価総額はかわらない。 1株を100株に分割してもライブドアの時価総額はかわらないし、株主の資産価値もかわらない。
ただし実際は違う。
①株式の分割を発表すると、投資家が増え、株価は上昇していく。
②株式の分割日には、株価は100分の1になるが、買いやすい値段になるために、投資家が増え、株価は上昇していく。 また、親株しか市場に流通していないので、分割割合が高いほど株価は上昇していく。
③新株の交付日には、株価は下落していく。

この性質を利用して、分割発表後の株価の高いときに、株式交換の形で企業買収しているのがライブドアだ!

今回の強制捜査でも、バリュークリック社(現ライブドアマーケティング)がマネーライフ社を完全買収するために利用したのが株式交換だ。
今回の疑惑は、ライブドア本社が投資ファンドを経由して、マネーライフ社を実質支配していたのにもかかわらず、その事実を公表せずに、バリュー社が完全買収を発表。 この発表により、バリュー社の株価は値上がりしている。 これが偽計取引の疑いだ!
また、バリュー社はマネーライフ買収前に自社の株価を引き上げるために、虚偽の決算を発表しているのではないか、これが風説の流布の疑いだ!

そして、東京地検特捜部のねらいは、インサイダー取引だろう!
ニッポン放送の買収資金を集めるために、バリュー社の株式を売却しているのでは!?
時期的に・・・!?

今日のライブドアの株価に注目ですな!

|

« 『亡国のイージス』と憲法9条について | トップページ | ライブドア株、開示注意銘柄へ »

政治・ニュース ブッタ斬り!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライブドアに強制捜査!:

« 『亡国のイージス』と憲法9条について | トップページ | ライブドア株、開示注意銘柄へ »