« ライブドアに強制捜査! | トップページ | 容疑者・堀江貴文 »

2006年1月21日 (土)

ライブドア株、開示注意銘柄へ

ライブドア株、開示注意銘柄へ

東証は、ライブドア株を開示注意銘柄に指定した。
粉飾疑惑に対する明確な回答がライブドア側から得られなかった為だ。

粉飾決算の事実が明らかになれば、監理ポストへの移行、そして上場廃止へ向かう。
そのため、ライブドア株は連日売りが殺到し、ストップ安となっている。
時価総額は捜査前の7333億円から3500億円へとほぼ半減し、下落の勢いは週が明けても続くと予想される。

東京地検特捜部が動いたからには、何人かの逮捕者がでると予想できる。
そうなった場合、ライブドアは存続できるのか?

オイラは、ライブドア・ショックよりも東証のシステムダウンのほうが心配だよぉ!?
ライブドアが上場廃止になったとしても日本経済には全く影響はないけど、東証のシステムダウンは日本経済だけでなく、世界に悪影響を与えてしまう。
なによりも、日本の金融市場への不信感がこわい。
現在、東証の処理能力の上限は1日450万件。これを超えるとシステム障害が発生してしまうという。
ニューヨーク証券取引所は1時間で4500万件を処理できるという。 この差は何!?

世界の金融市場の一角を担う東京がそんなんでいいのか?
そしてホリエモン聴取のXデーはいつ? 逮捕はあるのか??


米国産牛肉、再び輸入禁止に!

生後20ヶ月以下の米国産牛肉の輸入解禁から1ヶ月、再び輸入禁止に!
特定危険部位が混入していた為だ。

すべての米国産牛肉を再び輸入禁止にした政治判断は正しいといえよう。
そもそも輸入を解禁する必要性はなかった。 ブッシュ大統領来日の際の、おみやげとしての輸入解禁だったからだ。
その後、米国側は30ヶ月まで引き上げろと要求してきたが、中川昭一農水相の『時期尚早』発言は早くも正しかったことが証明された。

食の安全に自己責任などない!
食品安全のISOシリーズが始まるようだが、そんな世界標準なんてクソ喰らえだぁ! 日本独自の厳格な基準を今こそ世界に知らしめろ!である。

|

« ライブドアに強制捜査! | トップページ | 容疑者・堀江貴文 »

政治・ニュース ブッタ斬り!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライブドア株、開示注意銘柄へ:

« ライブドアに強制捜査! | トップページ | 容疑者・堀江貴文 »