« 琢磨&井出に決定! | トップページ | 映画『ナイト・オブ・ザ・スカイ』 »

2006年2月16日 (木)

オリジン争奪戦はドン・キに軍配か!?

ドン・キホーテは、オリジン東秀の株式を15日時点で46.21%を保有していると発表、このまま50%超の保有を目指して、市場からオリジン株を買い増すもよう。

オリジン側の抵抗もむなしく、イオンとのオリジン争奪戦はドン・キに軍配が上がりそうだ。
だが、ドン・キの買収方法には問題がないのか・・・!?

これまでの経緯はこうだ!
ドン・キはオリジン東秀の創業者一族から30.92%のオリジン株を譲渡されていて、新型コンビニの開発を進めようとしていたが、オリジンの現経営陣に反発されていた為に思うように計画が進行しなかった。
そのため、TOBを実施してオリジン買収を目指した。
 TOB価格は2800円(実施期間は1月16日~2月9日)

それに対して、オリジン東秀はドン・キの買収行動に対して労使共に反対を表明、イオンに友好的なM&Aを要請した。
イオンはこの買収要請に応じてTOBの実施を発表した。
 TOB価格は3100円(実施期間は1月31日~3月1日)

1月31日時点のオリジン株の市場価格は3070円だったので、ドン・キのTOB価格よりも上回っている。

結局その後、ドン・キはTOB価格の引き上げを行わなかったので、オリジン買収を断念したかと思われていたが、TOB実施期間終了後の2月10日から、市場からオリジン株を取得し、15日時点で46.21%の保有を発表した。

オリジン側は、イオンがTOBの実施期間中なのに、ドン・キが市場から15%ものオリジン株を取得することが証取法に抵触するのではないかと、証券取引等監視委員会に調査を依頼するもようだ。

オイラが思うに、
ドン・キは2800円のTOB価格を付けていたのに、TOB期間が過ぎたからといって2800円よりも高い価格でオリジン株を市場から購入することは、ドン・キのTOBに応じた株主に対してその正当性を説明できないと思う。
とは言っても、ドン・キのTOBは1件しか成立していないので、問題無しなのか!?

やはり敵対的なM&Aをするからには、TOB実施期間を延長して、TOB価格を引き上げて買収するのが市場に悪影響を与えない方法だろう。
なぜなら、15%もの株式を短期間で市場から購入してしまうと、株価が企業の実力以上に急騰してしまい、投資家の判断を狂わせてしまうのではないか・・・ 熾烈なTOB合戦もいかがなものかと思うけど・・・

今後は、イオンがTOBでオリジン株をどのくらい取得できるのかが注目される。

それにしても、ドン・キはやることなすことが強引に思えるんだけど・・・気のせいか!?
“次世代のコンビニ”って何なんだ!?
ドン・キホーテの社会貢献って何なんでしょうかねぇ・・・

|

« 琢磨&井出に決定! | トップページ | 映画『ナイト・オブ・ザ・スカイ』 »

政治・ニュース ブッタ斬り!」カテゴリの記事

コメント

おぉぉぉ!
『兜の億マン』の松川さんですかぁ!? びっくりしました!!

ちょうど『兜の億マン』を読み終えた直後にライブドア騒動があったので、“あの本”凄いなぁ!って思っていたんです。
株がギャンブルの仲間入りをしてしまったり、デイトレーダーの動向で株価が動いてしまったり・・・そんな昨今の株式市場に対して“あの本”は警笛を鳴らしているのだと、オイラはカッテに思っているんです。

是非、『兜の億マン』に続く次回作も!
ブログ立ち上げたら連絡ください。

投稿: Re:のぐち、松川さんへ | 2006年2月18日 (土) 19時44分

野口さん、小生の小説『兜の億マン』
の紹介をして頂き、有難うございます。
近く、私もブログを立ち上げますので、
今後ともよろしくお願いします。
それにしても素晴らしい資格をお持ち
ですね。
また、遊びに来ます。
先ずはお礼まで!

投稿: 松川広実 | 2006年2月17日 (金) 19時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103678/8691594

この記事へのトラックバック一覧です: オリジン争奪戦はドン・キに軍配か!?:

« 琢磨&井出に決定! | トップページ | 映画『ナイト・オブ・ザ・スカイ』 »