« モホス文明と渋谷を逃げまわるタレントたち | トップページ | スーパーアグリ、最高のデビュー! »

2006年3月12日 (日)

シューマッハの逆襲!

バーレーンGP 予選

様変わりした予選方式にオイラはついていけませんでしたよぉ!?
今季から導入されたノックアウト方式の予選、なんと奥が深いことか・・・

予選第1ピリオドは大波乱!

残り5分を切ったところで、ライコネンがクラッシュ! 赤旗中断!!
この時点で12台がタイムを残していない。
第1ピリオド再開後、ライコネン以外の全車がコース上へ。

コース上に何十台ものF1マシンがいる予選は何年ぶり!?
1回のみのタイムアタックを見慣れたせいか、すごく新鮮だし、オモシロイじゃん!
クリアラップを獲るために必死でさぁ。

注目のスーパーアグリは、やはり異次元の遅さ!
2台とも第1ピリオドで振り落とされて、
佐藤琢磨20位井出有治21位

予選第3ピリオドは、オイラは???だったんよぉ!?
なんで何周も走ってるの?って・・・
まったく予備知識が足らんかったわぁ!?
で、やっとこ理解できた!って感じです。

要は、第3ピリオド開始時の燃料で、決勝をスタートするのだから、ある程度の燃料を積んだ状態で予選を走っているんだけど、予選ではこの量は邪魔なので何周もして燃料を消費してたのね。
そんで燃料が少なくなったところで、ニュータイヤで勝負してたのね。
オモシロイ!!!
それにしても、この方式でPPを獲るのは難しいぞぉ!

そんなPPを獲得したのが、ミハエル・シューマッハ
通算65回目のPPで、アイルトン・セナの記録に並んだ!
・・・でも、オイラとしては、セナの65回PP記録は汚してほしくなかったなぁ・・・

さぁ!2006年、フェラーリの逆襲が始まる!!
そして、がんばれアグリ!!!

①M・シューマッハ   1:31.431
②マッサ         1:31.478
③バトン         1:31.549

20佐藤琢磨 1:37.411
21井出有治  1:40.270

|

« モホス文明と渋谷を逃げまわるタレントたち | トップページ | スーパーアグリ、最高のデビュー! »

F1 スーパーアグリ応援団」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。

こうまでコロコロルールが変わるのは
誰の得になるんですかね。
一応安全第一みたいなことを言ってますが、
どうにも理解できません。

チームアグリはなかなか難しそうですが
最終戦までになんとか勝負できる状態に
なっていれば本望です。

投稿: 樹里亜 | 2006年3月12日 (日) 10時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103678/9050878

この記事へのトラックバック一覧です: シューマッハの逆襲!:

« モホス文明と渋谷を逃げまわるタレントたち | トップページ | スーパーアグリ、最高のデビュー! »