« チャンピオンカーニバル2006観戦記 | トップページ | スーパーアグリ、Wリタイア »

2006年4月23日 (日)

発見!パルパの巨大地上絵!!

昨日、TBSで放送された『世界・ふしぎ発見!』を見たんだけど、またまた古代人のスゴサを再認識させられたよぉ!
だって、ナスカの地上絵よりも古い“パルパの地上絵”なるものが発見されたんだって!
紀元前パラカス時代の巨大地上絵だってさぁ!

パルパの地上絵”のある場所は、南米ペルー・ナスカの地上絵から北へ40キロのところにある。 パルパの地上絵のほとんどが人物像で、山の斜面に描かれている。
ナスカの地上絵とはまったく画風が違い、子供が書いたような可愛らしい絵なのだ!

なぜ、そのような地上絵が山の斜面に描かれたのか?というと、
パラカス時代に生きた人々は、聖なる者と崇めたシャーマンの姿を、天に近い岩山の頂上に“岩絵”としていくつも描いた。 そのシャーマンの絵を、より多くの人々に見せたいが為に、山の斜面に大きく描いたのだそうだ!
その後何百年もたってから、ナスカ人がパルパの地上絵を見て、それをマネたんだってさ!

でも、なぜ、ナスカの地上絵はパルパのとは画風も違うし、地上からは見えない平原に描かれたのか?

それは、地上絵を描く目的が全く違うからなんだって。
パラカス時代とナスカ時代の間に気候がずいぶんと変わってしまったため、ナスカの地上絵は“雨ごいの儀式”に使ったんだって。 地上絵の上を人が儀式で歩くために、一筆書きの絵になったのだぁ!
オイラはUFOの滑走路だと思ってました・・・
これからも、そう思いたい・・・

あっ!そういえば、ナスカの地上絵が新たにいくつか発見されたらしいねぇ!?
やっぱ古代人はスゴイ!
モホス文明も凄かった!

モホス文明の記事はこちらから、どうぞ!
http://fight-club.cocolog-nifty.com/noglog/2006/03/post_4de1.html

|

« チャンピオンカーニバル2006観戦記 | トップページ | スーパーアグリ、Wリタイア »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 発見!パルパの巨大地上絵!!:

« チャンピオンカーニバル2006観戦記 | トップページ | スーパーアグリ、Wリタイア »