« 村上氏、阪神乗っ取り! | トップページ | シューマッハ2連勝! »

2006年5月 7日 (日)

Vフォー・ヴェンデッタ

近未来の英国が『V』の舞台で、英国が“圧制”と“検閲”で支配された独裁国家になってしまった、という設定。

夜11時以降は “外出禁止令”が出され、政府による盗聴、自警団による監視・・・とまあ恐ろしい国家になってしまったイギリス。
テレビでは“愛国心”まるだしのキャスターが他国を誹謗中傷してるわけだけど、

こんな国って現実に存在してるから、別に驚かないけどね。

かつての“自由”と“人権”を取り戻すために V は生まれ、白い仮面を被る。

そのへんが面白そうなので、この映画を観たんだけど、
“自由と人権”を取り戻すというのは表むきの目的であって、結局は、自分を人体実験の道具にした政府に対して、血の復讐(ヴェンデッタ)をすることが本当の目的だったのかと・・・
それに、最初から最後まで殺人鬼だったVには共感もできないし、なぜ大勢の人民を動かせたのかもオイラには理解できない。

そんな残念な映画だったけど、“イヴィ”を演じたナタリー・ポートマンが良かった!
丸刈りにされる場面は迫真の演技だったしね!
あと見所といえば、音楽に合わせて裁判所を爆破するシーンかな。

で・・・、Vっていったい何ものだったの!?

|

« 村上氏、阪神乗っ取り! | トップページ | シューマッハ2連勝! »

映画 こちとら、自腹じゃ!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103678/9941273

この記事へのトラックバック一覧です: Vフォー・ヴェンデッタ:

» 『Vフォー・ヴェンデッタ』観て来ました! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
『Vフォー・ヴェンデッタ』レビュー! 原題 V FOR VENDETTA 人民が政府を恐れるのではない!\(+_・。)/ギョッ! PEOPLE SHOULD NOT BE AFRAID OF THEIR GOVERNMENTS. 政府が人民を恐れるのだ!(≧_≦) GOVERNMENTS SHOULD BE AFRAID OF THEIR PEOPLE. "Remember, remember, the fifth of November, 「覚えていて、... [続きを読む]

受信: 2006年5月 7日 (日) 19時16分

» Vフォー・ヴェンデッタ 〜警察国家の恐怖とポートマンの迫真の演技 [シカゴ発 映画の精神医学]
3月17日アメリカ公開     4月29日 日本公開 日本語オフィシャルサイト  見終わった後、具合が悪くなる映画が多い。  「ミュンヘン」「クラッシュ」そして、この「Vフォー・ヴェンデッタ」も そうだ。    「具合が悪くなる」というのは、悪い意味ではな...... [続きを読む]

受信: 2006年5月10日 (水) 13時10分

« 村上氏、阪神乗っ取り! | トップページ | シューマッハ2連勝! »