« 映画『間宮兄弟』 | トップページ | アロンソ、ズバ抜けた強さで勝利! »

2006年6月 5日 (月)

兜町で謝罪、そして逮捕・・・

村上世彰氏がニッポン放送株をめぐるインサイダー容疑で逮捕!
東京証券取引所で行なわれた会見でファンドの世界から引退することを表明。

これが兜町で生きた男の終末なのか・・・!?
あまりに突然の幕引きにア然とさせられましたなぁ、残念です。

ある意味、任意聴取でインサイダー取引を認めたのは、いさぎよいとも言えるが、
裁判で執行猶予をつけてほしいファンドの強制解散を避けたい、この2つのねらいが感じられる。 もう1つ言えば、ホリエモンのように拘置所に何ヶ月も入りたくないので在宅起訴を認めてもらいたいのかな!?

どうやら、東京地検は宮内被告の“いけいけニッポン放送!”発言がインサイダー情報にあたると判断したようだ。 やはり六本木ヒルズでは、このような会話が横行してるんですかねぇ・・・

オイラが思うに、4000億円もの資金を運用できなかった村上氏の焦りが、インサイダー情報と知りながらニッポン放送株を買い増してしまった要因ではないのか!?と思う。
それに、資本関係の修正を大義名分にするのなら、フジテレビ実施のTOBに応募すべきであって、ライブドアの時間外取引に応じてしまった瞬間に大儀を失ったといえる。

でも残念ですな・・・
だって、これからは株主の判断がますます重要になってくる。
例えば、敵対的買収の防衛にしたって、新日鉄は株主判断を求めている。
外資の三角合併が解禁になれば、ますます防衛策が重要となり株主の動向が会社の運命を左右する。 もし村上氏と経営者がとことん話し合い、村上ファンドを味方につけることが出来たなら、強力な安定株主へと変身できたのかも。

で、村上氏は会見で、阪神株のTOB成立に協力株主提案の撤回を明言した!
ただ、『統合効果には疑問がある』と言うように、対決姿勢だったことがうかがえた。
全株を売却するのか、数%を残して売却するのかは、ファンドの継承者が判断するもよう。

なんかオイラはこの逮捕劇をみてて、自民党案の“共謀罪”の恐ろしさを感じてしまった・・・
私、聞いてしまったから・・・その場に居てしまったから・・・”突然容疑を着せられて、そして逮捕されて・・・ あぁー恐ろしい。

|

« 映画『間宮兄弟』 | トップページ | アロンソ、ズバ抜けた強さで勝利! »

政治・ニュース ブッタ斬り!」カテゴリの記事

コメント

松川さんへ
親父さんですか・・・
ホントに怖いのは1年後からなのに、
“金儲けヤローに天誅が下った!”って喜んでていいのですかねぇ!?
文化も考え方も違うヒト達が金儲けをしに乗り込んできたときに、今回と同じように文句を言えるのか・・・?
きっと文句を言う相手もわからない状態になるのでしょうね。

投稿: のぐち | 2006年6月 9日 (金) 01時02分

のぐちさんへ
村上ファンドにしてもホリエモンにしても
所詮は『親父さん』の『子供のお使い』
首が摩り替わるだけ!
さて、海の向こうから来る『大人』そして
『親父さんのお使い』と我われ個人株主
は食い物にされないよう益々注意が
必要ですね!
PS.親父さんについては深く語れません!
ごめんなさい。お~怖!

投稿: 松川広実 | 2006年6月 6日 (火) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 兜町で謝罪、そして逮捕・・・:

« 映画『間宮兄弟』 | トップページ | アロンソ、ズバ抜けた強さで勝利! »