« 兜町で謝罪、そして逮捕・・・ | トップページ | ブラジル、初戦を勝ったけど・・・ »

2006年6月13日 (火)

アロンソ、ズバ抜けた強さで勝利!

まったくミスを犯さないフェルナンド・アロンソ、まったく壊れないルノーのマシン、異次元の速さでイギリスGPポール・to・ウィン! それも3戦連続のおまけつき!
ホント強すぎです。

ポールポジションを獲得したアロンソは、M・シューマッハよりも4周分も多い燃料を積んだ状態で予選を戦い、ポールを獲得。 決勝では、SC後のローリング再スタートも完璧に決め、アンダーステアーだろうとタイヤのキズだろうと、そんなの関係なくファステストラップで走れるんだもんね。
ちょっと他車では手に負えない状態になってますな!

ルノーエンジンにしたって、低速のモンテカルロ、高速のシルバーストンの2戦使ってもノートラブルで回転してるし、ルノーにまったく死角なし!

それに対して、ジェンソン・バトンはどうしたんでしょうかねぇ!?
予選では第1ピリオドで敗退、19位スタート・・・
まぁ、へんなときに車検なんかすんな!って言いたいけど、しょうがないね。
決勝では、たったの9周でリタイア・・・
あれはホンダエンジンが壊れたんでしょうかねぇ!?
母国グランプリだったのに残念です!

そして我がスーパーアグリですけど、こっちは異次元の遅さですけど、
ニューマシンSA06の投入メドが立ったみたいだし、久々のW完走だしで、一歩前進ですかね!
まずは打倒ミッドランドということで・・・

|

« 兜町で謝罪、そして逮捕・・・ | トップページ | ブラジル、初戦を勝ったけど・・・ »

F1 スーパーアグリ応援団」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103678/10509856

この記事へのトラックバック一覧です: アロンソ、ズバ抜けた強さで勝利!:

« 兜町で謝罪、そして逮捕・・・ | トップページ | ブラジル、初戦を勝ったけど・・・ »