« プロレスラー小橋建太が腎臓ガン! | トップページ | 北朝鮮がミサイル発射! »

2006年7月 3日 (月)

F1アメリカGP決勝

ミシュラン勢のボイコット事件から1年、今年のインディアナポリスも大波乱! オープニングラップの第1コーナーで7台が多重クラッシュする幕開け、22台中13台がリタイアするというサバイバルレースでした。

そんなレースの中、フェラーリの2台は独走状態の速さで他車の追走を許さず。 予選をみても、ブリヂストンを履くフェラーリの優位はルノー・ミシュランよりも明らかに大きく、王者アロンソでもその差は埋められなかった!

このコースはタイヤの差がすべて!
インディーで培かった膨大なデータと経験を持つブリヂストンに対して、昨年、構造的な欠陥を理由に決勝レースをボイコットしたミシュラン。 いくらチャンピオンタイヤでも1年ではアメリカのコースには対応できなかった。
その証拠に、アロンソはオーバルでもインフィールドでもグリップ不足に苦しみ、トヨタのトゥルーリとラルフにも先順位を譲ってしまっている。

決勝レースの結果は、M・シューマッハが今季3勝目の勝利! フェラーリが1-2フィニッシュで、3位フィジケラ、5位アロンソのルノー勢とのコンストラクター争いで8ポイント縮めた!
ドライバーズポイントでも、シューマッハはアロンソに19ポイント差まで迫った!

そして我らのスーパーアグリですけど、ニューマシン『SA06』のシェークダウンがドイツGPに決まり、久々に明るい話題がありました!
予選では、佐藤琢磨が18位グリッドを獲得し、今季最高位グリッドをゲット!
決勝では、2台ともリタイアでした。

|

« プロレスラー小橋建太が腎臓ガン! | トップページ | 北朝鮮がミサイル発射! »

F1 スーパーアグリ応援団」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103678/10769229

この記事へのトラックバック一覧です: F1アメリカGP決勝:

« プロレスラー小橋建太が腎臓ガン! | トップページ | 北朝鮮がミサイル発射! »