« 欽ちゃん球団はどうなるの? | トップページ | ポスト小泉争い始まる! »

2006年7月25日 (火)

高齢者いじめの政治

昨日の夜、『たけしのTVタックル』を見たんだけど、オイラはぶったまげたよぉ。
年金生活の高齢者をねらった増税・医療費負担の見直について紹介されてたけど、ちょっと恐ろしかった・・・。

年金収入が270万円ほどの高齢者が納める住民税が、今年の支払い分からは昨年の6倍になってるのだという。 ほとんどの高齢者が3倍から5倍ほど増えている。
老年者控除の廃止等がその原因だ!

高齢者の医療費負担も、今年の10月から、
現役なみの所得がある高齢者については2割負担から3割負担へ変更。 年収520万円以上の高齢者については1割負担から3割負担へ変更。
2008年4月からは、70歳~74歳の高齢者は1割から2割へ変更される。
ちなみに、75歳以上は1割負担に変更はない。

その他にも、医療保険が適用されるリハビリ期間に制限を設けて、過剰なリハビリを制限して財政を抑制しようとしてるみたいだけど、リハビリを自己負担で続けられずに、リハビリをあきらめる人もいるんだと・・・。

ほんと血も涙もないね・・・
『高齢者をいたわれ』 この言葉は政治の世界には無用の長物のようだ!
どっかの総裁のように、退職金を何度も、しかも高額にもらえて、資金運用までしている高齢者なら負担を増やしてもいいんだよ。 でも、そんな特権をもった人はごく一部で、ほとんどの“人生の先輩方”は長い職業生活で身体が壊れてしまって、余生をのんびりと楽しく生きようとする人なんだよ。
医療も受けれず、リハビリも受けれずにどうするんだよ!

オイラも少し調べてみたんだけど、医療費負担の見直しはそれだけではないようだ!
高齢者の高額療養の自己負担限度額も引き上げられたのだ! 知らず知らずに・・・

これが痛みをともなう改革なのか!?
ぬるま湯に浸かっている特権者たちを湯ぶねから出すことが先決ではないのか?

|

« 欽ちゃん球団はどうなるの? | トップページ | ポスト小泉争い始まる! »

政治・ニュース ブッタ斬り!」カテゴリの記事

コメント

松川さんへ
おっしゃるとおり!
日本で、日本人相手に、日本語で商売しているくせに
税金を日本で納めないなんて許せませんな!
ワールドワイドにビジネスしている人とは訳がちがいますもん。
スイスに骨を埋める気なら、スイスでビジネスしたら!?って言いたいぐらいです。

それにしても、個人所得の最高税率を引き上げてしまうと高所得者は海外へ逃げてしまう・・・というのは、それほど実情を表してないのかも。
逃げる人は逃げるようですね。

投稿: のぐち、松川さんへ | 2006年7月27日 (木) 20時19分

のぐちさんへ
おっしゃる通り高齢者には益々厳しい
日本になって行くのでしょうね。
医療保険制度も昭和40年代は高齢者
は負担なしの大風呂敷だったのが、
30年余りでこの有り様です。
やはり、政治もその場限りではない
長期ビションの政策が必要だと痛感
します。
それにしても税金逃れでスイスへ逃げた
翻訳者は許せませんね。誰のお陰で
高所得者になったのか全然わかって
ない。日本経済に税金で恩返しする
精神なくて、よく翻訳できたと呆れます。
まあ、魔法使いが悪魔だったってこと
ですかね?

投稿: 松川広実 | 2006年7月26日 (水) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高齢者いじめの政治:

« 欽ちゃん球団はどうなるの? | トップページ | ポスト小泉争い始まる! »