« 第11戦 フランスGP | トップページ | 高齢者いじめの政治 »

2006年7月22日 (土)

欽ちゃん球団はどうなるの?

欽ちゃんの羽田会見を見ててオイラは泣きそうになったよぉ・・・
無念さと申し訳なさが、ひしひしと伝わってきました。

茨城のみんな、ごめんな』 そう言って“茨城ゴールデンゴールズ”の解散を宣言した。
確かに、極楽の山本とGGの選手2人が酒の席にいて、未成年の女性相手にそれなりの事をしてしまったのだから、その責任は重い。
遠征中の出来事だし、総監督の欽ちゃんにも不祥事の責任はあるともいえそうだ。
だから欽ちゃんは『球団解散』という責任のとり方を瞬時に選んだのだろう。

球団を解散する必要はないという論理、欽ちゃんはやめなくてもよいという論理もある。
でもオイラは単純に“続けてほしい”と願う。

そういえば、5月にオイラは筑波山に登山しに行ったとき、近くの観光案内所に立ち寄ってみたら、ゴールデンゴールズの写真がたくさん飾られていた。 練習所の場所までくわしく宣伝されている。 もはや茨城ゴールデンゴールズは観光名所になっているのだ。
球場も8000万円の費用をかけて整備されたのだという。
そういうことを考えると、球団の“解散”は簡単ではないようだし、そうだと欽ちゃんはますます苦しんでしまう・・・
ゴールデンゴールズはそこらのクラブチームではない。 “夢・笑い・強さ”を同時に追求しているチームなのだ。

そう思うと、『山本、何してくれんねん』と言いたくなる。
夢列車に不祥事はタブーなのだ!
ゴールデンゴールズに欽ちゃんがいないなんて有り得ないのだ!!
なにか良いアイデアはないものか。

7月23日 追記

みんな、オレやるぞぉ
昨日、欽ちゃんは夢列車の再出発を宣言した!
新生・茨城ゴールデンゴールズ、今まで以上に気になる存在ですな。

|

« 第11戦 フランスGP | トップページ | 高齢者いじめの政治 »

政治・ニュース ブッタ斬り!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 欽ちゃん球団はどうなるの?:

« 第11戦 フランスGP | トップページ | 高齢者いじめの政治 »