« 映像(テスト) | トップページ | 勝者はオシムだけ! »

2006年8月 7日 (月)

オールホンダ悲願39年ぶりV!

大波乱のハンガリーGPを“ホンダジェンソン・バトンが制した!
ホンダはコンストラクターとして39年ぶりの優勝、バトンはF1初優勝!!

表彰台に鳴り響いた『君が代』のメロディーにオイラは感動しましたぁ!
ホンダには思い入れもあったし、ホント涙しましたよぉぉぉ
それに、こんな面白いF1レースはひさびさに見ましたね。

路面がウェット状態のなか、15番手スタートのルノー・アロンソは踊るように走り、一時トップまでのぼりつめる。 それに対して、フェラーリ・シューマッハは11番手からスタートしてオープニングラップで4位に急浮上するも、マシンがコース状況に全くあわずにジリジリ順位を落としていく。アロンソには周回遅れにまでされてしまう。

中盤になると、ライコネンとリウィツィのクラッシュでセーフティーカーが入り、ますますレース予測が難しくなった。
このときに誰がM・シューの2位浮上を予測できたか!?

レースが終盤に入るとコースは乾き始めて、タイヤ選択が難しくなった。
アロンソの場合、ドライタイヤへの交換のタイミングを間違えてコースアウト、リタイアしてしまう。 一方、M・シューは、ドライへの交換のタイミングを失い、溝がなくなったウェットタイヤで走り続けて順位を落としていく。 その後ハイドフェルドと接触してレースを終える。

そんな難しいレースを粘り続けたのがジェンソン・バトンだった!
10番手降格のペナルティーを受けて決勝14番スタートしたバトンは、アロンソに次ぐ2位のポジションで粘り続けた。 その我慢が功を奏したのかライバル達が消えていき、残り19周でトップへ。 そして悲願のF1初優勝! F1参戦113戦目だという。

まさに“プリンス・オブ・ホンダ”だぁぁぁ!
この瞬間をニッポンのF1ファンは待ってました!!
ポディウムの真ん中に立つジェンソン・バトンの胸にはラッキーストライクのマークが・・・あれは誰もが“日の丸”に見えましたよぉぉぉ
ホントに、おめでとう! そして、ありがとう!!

あっ、そういえば、なぜ浜ちゃんがハンガロリンクいたの?
浜ちゃんがブリアトーレとすれ違い『誰?』、バーニーとの急接近に『コワッ!?』 あれには笑えました。

|

« 映像(テスト) | トップページ | 勝者はオシムだけ! »

F1 スーパーアグリ応援団」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103678/11322956

この記事へのトラックバック一覧です: オールホンダ悲願39年ぶりV!:

« 映像(テスト) | トップページ | 勝者はオシムだけ! »