« アロンソ、大ピンチ! | トップページ | 敵対的TOB VS 買収防衛策 »

2006年8月 3日 (木)

亀田興毅のWBA世界戦

昨日はオイラもボクシング見てましたよぉ!
亀田興毅の世界戦を!
誰もが『えっ!?』って思った不可解な判定をオイラも『えっ!?』って思いました。
解説していた畑山さんでさえ判定負けを前提としたコメントを発していたほどだもん・・・『これが世界なんだ!』みたいな事を言って。
それが一転、判定勝ちで大騒ぎで・・・“どんなもんじゃーい
誰もがこの判定には“異議あり!”だよ。

やっぱ今回の亀田興毅の王座決定戦は、判定では勝ったけど印象で負けた・・・それが現実かな!?
最初の1Rと最後の2Rの印象がこの試合のすべてにオイラも思えた。
でも、次こそ“難波の闘拳”をしめせばいいだけの話じゃん!
防衛戦ではきっちりKO勝ちで決めればいいのです。
別に亀田興毅の価値が損なわれた訳ではない!

それよりTBSの放送に問題大ありじゃない?
苦情が多発するのも当然だよぉ!
いつまでたっても試合が始まらないし、実況アナは亀田びいきで公平さが感じられないし。
判定後すぐにテロップで“10月DVD発売決定!”だってさ。
あれではTBSとボクシング界が出来レースを演じたって思われてもしょうがない。
これではK-1MAXの魔裟斗のときと一緒だよ!

でも、あれだけボクシングに人生をかけて猛練習してても、楽に相手を倒せない。
やっぱ世界は厳しね!
今までは相手が弱かった!という批判もあるけど、そうだったとしても興毅の強さは群を抜いている。
それが11Rからは防戦一方でクリンチで逃げるシーンがあったりで、それだけ世界にはツワモノがいるんだなぁ! ランダエタはいいキャラしてるし、再戦してほしい!!
大晦日の『亀田祭り』で再戦ダァ!!!

|

« アロンソ、大ピンチ! | トップページ | 敵対的TOB VS 買収防衛策 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

松川さんへ

ふむふむ。 判定があの試合を壊してしまいましたね。
自分も最初に亀田の試合を見たときに、”ガードが固いな!”って思いました。
それ以外に印象は?といえば、相手が弱い・・・

今回の計量の場面を見てて、猪木VSアリにそっくりと思いませんか?
アリがいきり立っていて、猪木がニヤニヤ笑っている。
まさにプロレス化! 悪いとは言いませんけど。

かっこ良さは鬼塚の足元にもおよびませんね。

投稿: のぐち、松川さんへ | 2006年8月 4日 (金) 00時27分

のぐちさんへ
格闘技がお好きなんですね。実は私も好きです。
幼少の頃は猪木のプロレス&格闘技戦をよく観に行きました。
ボクシングも伝説のヘビュー級にはまりました。
アリ、ファアマン、チャップナーなど
日本人では大場、輪島、具志堅が好きでしたね。
根性の大場、逆転の輪島、技・力・全てが超越していた具志堅、
彼らは真のボクサーでしたね。
正直、亀田興毅のボクシングは伝説のボクサーたちから見れば
中学生並ですね。ガードと正確なパンチは認めますが、フットワーク
はない、パンチの間合いはとれない。一定のリズムしかない。
軽量級だからごまかせますが、重量級だったら亀田は1RKO負け
でしたね。
問題の昨日の判定だが、亀田がチャンピオンであの判定なら、
かって似たような採点はあった。しかし、昨日の試合は王座決定戦
では?
公平なジャッチが行なわれたと誰も信じることができない結果だ。
こんな形で作られたチャンピンではいつの日か大きなしっぺ返しが
来ないとは限らない。
彼いや日本ボクシング界を心配するのは私だけだろうか?

投稿: 松川広実 | 2006年8月 3日 (木) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103678/11246761

この記事へのトラックバック一覧です: 亀田興毅のWBA世界戦:

» 亀田大毅 浪速乃弁慶・亀田大毅プロ第5戦 ボクシング8回戦2006年8月20日(日) [亀田三兄弟に負けるな!家族を大切にするブログ]
浪速乃弁慶・亀田大毅プロ第5戦 ボクシング8回戦 亀田大毅 vs ウィド・パエス 8/20(日) 横浜文化体育館 [続きを読む]

受信: 2006年8月20日 (日) 13時58分

« アロンソ、大ピンチ! | トップページ | 敵対的TOB VS 買収防衛策 »