« 竹中平蔵氏、議員辞職へ | トップページ | 安倍新総裁誕生について »

2006年9月19日 (火)

吉野家牛丼復活祭

吉野家が牛丼100万食を完売した。
2年7ヶ月ぶりの牛丼復活で、来月以降は毎月5日間限定で販売する。

皆さんは食べましたか?
シーファー駐日大使も食べてましたね。
100万食ということは、単純に日本人の1%が食べた計算になるけど、
オイラは食べませんでした・・・

牛丼が嫌いな訳ではないですよぉ!
オイラは、牛丼一杯400円の頃、吉野家の無料優待券目当てに吉野家D&Cの株主になったことがあるぐらいに“ヨシギュウ”を愛してます。
その株主の立場も、牛丼が激安戦争に突入してデフレ誘引と言われるようになってから、その立場を捨てました。
それでも吉野家は常に身近にある!
だから安部社長にはこれからも頑張ってもらいたい!!

安部社長自ら米国の牛肉加工工場に視察に行って、危険部位の除去などの作業状況をチェックしたことは評価できるし、今回の牛肉はきっと安全なのだろうと思う。

ただし自分が食べるとなると話しは別で、
海のものとも山のものとも解からない“BSE”という何モノかに自分の身体を危険にさらすわけにはいかない。
というのは、おいしい牛丼をおもいっきり食べて、自分の体調を崩すぐらいで済むのなら、オイラは迷わず食べるだろう。
オイラが心配しているのは、遺伝の方だ!
もしオイラの子供が何らかの障害をもって生まれてきて、将来的にその原因がBSEの影響だった・・・なんてことがあった場合、オイラは一生後悔する。
だから、子供が打ち止めになるまでは、なるべく米国産牛肉は避けたいと思う。
もちろん取り越し苦労であることを祈っている。

吉野家がこれからも牛丼を売り続けるのなら、食の安全を保障する責任がある
米国マクドナルドが肥満防止に取り組むのといっしょだ。
『吉野家の牛丼は安全だ!』と叫ぶためには、今回のように出来る限りの厳しいチェック体制で臨んでほしい。

それにしても、危険部位を取り除けばBSEに感染している可能性のある牛肉を食べても大丈夫なのか?
だって、輸入されてくる牛肉はBSE発症前の生誕20ヶ月未満のものでしょ?
楽観してはいけないと思う。
こういったウイルス的なモノが誕生するのは、地球衛生の悪化や人間のモラル逸脱によることが常なのだ。
BSEだって、肉骨粉が原因といわれている。
“牛の骨を砕いて牛の餌にまぜる”という究極のリサイクルを人間はやってのけた!
そのリサイクルは牛の脳だけでなく、人間をも蝕む危険があるのだ。
人間がやったことには人間に帰ってくる。
これが自然の摂理だとオイラは思う・・・。

|

« 竹中平蔵氏、議員辞職へ | トップページ | 安倍新総裁誕生について »

政治・ニュース ブッタ斬り!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉野家牛丼復活祭:

» 吉野家牛丼復活と意外な?国際紛争 [小法律屋のサイバー業務日誌]
吉野家の牛丼復活、駐日米大使も安全性アピール  牛丼チェーンの吉野家で18日、米国産牛肉を使った牛丼が復活。  シーファー駐日米大使は、東京都内の店舗を夫人と訪れ、牛丼を食べて、日本の消費者に安全性をアピールした  一方これに天国で地団太を踏んだのが故小渕元首相。 同大使を著作権法違反とアメリカ本国をも 使用者責任で提訴をする構えを見せている。  同氏は在職当時、株価低迷に悩み、テレビカメラの前で 両手に野菜のカブを持ち「株上がれ〜」などとシュプレヒコ�... [続きを読む]

受信: 2006年9月19日 (火) 15時47分

« 竹中平蔵氏、議員辞職へ | トップページ | 安倍新総裁誕生について »