« 日本一!SHINJOが泣いた!! | トップページ | 『24』シーズン5 »

2006年10月30日 (月)

『いじめ』と『親の責任』について

国会ではいまだに『愛国心』だかを議論している。
自民党と公明党では愛国心の定義についてひと悶着し、民主党は廃案に持ちこむために必死になっているではないか。
一体政治家は何をやっているのか!?

ここ連日“いじめ”を原因に遺書を残して死んでしまう少年少女のことが話題になっている。
もう教育現場が、ちょっと見てられない状況になっている。

福岡の中学校では、教師による“いじめ”で女子生徒が自ら命を捨てた。
教師によるパワーハラスメントだ!
どういった理由でこのセンコウが生徒に対して“言葉の暴力”をしたのか理解に苦しむが、ウサを生徒にぶつけてたとしか思えない。
まったく狂った話ではないか!?

一生かけて償う』と、このセンコウは言ったが、どうやって償えるものか!?
公務員暴行陵虐罪で逮捕してほしいぐらいだ。

校長が教師をいじめて、教師が自殺した・・・
もうどうしようもないではないか。
学校は“いじめ”を認めない、仮に認めたとしても、いじめが原因による自殺を認めない。
誰が子供たちを守ってあげられるのか?
その答えを探しているうちに、今日も自殺未遂を起こした高校生のニュースが報道されていた。

オイラが思うに、親が子供を非難させてやるしかないのでは?

親は学校に救済を求めるだけでなく、親の責任で子供を非難させてあげる。
親は学校に多くの事を求めても無駄だと知れ。
なぜなら、学校はいじめを隠し、教師は真相を追究しない。 遺書ですら知らんぷりする。
学校とはそういう所なのだと知れ。
もはや学校では協調を教えることはできない。
そうならば、親は子供に“孤独”を教えるしかないのだ。 人生とは“孤独”で“寂しい”ものだと教えるしかないのだ。
これは悲観ではない!
実際にそうなのだから仕方がない。
小学校に入学したら早いうちに友達は100人もできないことを教えてあげるしかない。
少しでも子供の様子がおかしかったら、“孤独”を教え、“精神的苦痛”から逃がしてあげる。 子供を絶望から救ってあげるのは親の仕事だろう。
親はいつでもこの仕事をする準備をしてなくてはいけないのだ!

いじめを隠し、遺書を否定し、履修証明書を偽造する。
為政者は偽善でしかモノを語れず、教育者は生徒を叱れない。
悲しいけど、これが現実なのだ!
絶望から子供の命を守れるのは親だけなのだ!!
オイラはそう思う。

|

« 日本一!SHINJOが泣いた!! | トップページ | 『24』シーズン5 »

政治・ニュース ブッタ斬り!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103678/12491051

この記事へのトラックバック一覧です: 『いじめ』と『親の責任』について:

» 【岐阜・中2自殺】 「特に××さん…」 遺書で名指しされた生徒4人の両親、自殺生徒宅訪れいじめを謝罪★3 [2ちゃんにゅーす]
★部員4人の両親、いじめを謝罪=女子生徒宅訪れ−岐阜中2自殺・岐阜県瑞浪市立瑞浪中学2年の女子生徒(14)の自殺問題で、遺書で女子生徒に 名指しされた同じバスケット部員4人の両親8人が30日午後、女子 [続きを読む]

受信: 2006年11月 1日 (水) 08時09分

« 日本一!SHINJOが泣いた!! | トップページ | 『24』シーズン5 »