« F1中国GPと凱旋門賞 | トップページ | 最後の鈴鹿、日本GP決勝 »

2006年10月 5日 (木)

メキシコ発のこどもの国

豊洲に今月オープンしたばかりのテーマパークがテレビで紹介されていた。
その名は『キッザニア東京』。
“キッザニア”とはいくつかの単語を組み合わせた造語で、『素敵なこどもたちの国』という意味をもつらしい。 子供達が楽しみながら社会の仕組みを学ぶことを目的にしているのだ!

この“国”では、70種類以上ある職業から子供たち自身が自分の職業を選び、実際に仕事を体験して給料をもらい、そのお金で買い物ができる素敵な世界だ!
キャビンアテンダントを選んだ子どもは、実際に制服を着て接客作法を学ぶ。
アナウンサーを選んだ子どもは、原稿を読む訓練を受けて館内放送を担当する。
警察官や消防隊員にもなれて、国の治安を維持したり、消火活動を体験できる。
あらゆる職業が用意されていて、しかも有名企業が参加しているから、まさにホンマモノのリアルな世界なのだ!
給料は“キッゾ”という独自の通貨で支払われて、キッゾを使って買い物が出来るし、館内の三井住友銀行にも預金ができる。

オイラは、子供たちが楽しそうに働く姿をテレビでみながら、“あるモノ”を思い出した・・・
・・・そう、あれですよぉ!
私のしごと館』ですよぉ!!
まったく無意味な施設で、いまだにオイラはどこにあるのかわかりません。
東京ドーム2個分の敷地に立派なガラス張りの建物、総額580億円の税金が投入されて建設された。 それなのに館内にはほとんど人がいません!
あるのは赤字だけで、毎年16億円も税金が投入され続けています。
それでも『必要な施設ですから』と言う役人たち・・・キッザニア東京をみてどう思うのでしょうか!?

まったく人が寄り付かない施設、片や、教育と遊びが融合したテーマパーク。
この差はいったい何なのでしょうかねぇ!?

|

« F1中国GPと凱旋門賞 | トップページ | 最後の鈴鹿、日本GP決勝 »

政治・ニュース ブッタ斬り!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メキシコ発のこどもの国:

» 東京r不動産 [東京r不動産]
東京r不動産について♪ [続きを読む]

受信: 2006年10月 6日 (金) 15時49分

« F1中国GPと凱旋門賞 | トップページ | 最後の鈴鹿、日本GP決勝 »