« アロンソ V2達成! | トップページ | 『いじめ』と『親の責任』について »

2006年10月26日 (木)

日本一!SHINJOが泣いた!!

北海道日本ハムファイターズが2006日本シリーズを制覇した!
実に44年ぶりの日本一だ!!

なんか・・・中日ドラゴンズが試合に勝てそうな雰囲気が全くなかったなぁ・・・
こと、札幌へ戦場を移してからは・・・。
誰からみても、日ハムのテンションの高さに中日が全くついていけずに敗れた。
そんな日本シリーズだった。

中日の敗因は、落合監督の俺流野球が日本シリーズに通用しなかったこと。 それにつきる。
落合監督はシリーズ直前に『まだ日本シリーズモードに入っていない。7ゲームのうち4つ勝てばいい。』と言った。
このときすでに日ハムとのテンションの温度差が明らかに違っていた。
日ハムは“お祭り”のようなパ・リーグのプレーオフを制し、その雰囲気を残したまま日本シリーズへ突入しようとしていたのだ。
そして“お祭り騒ぎ”は日本シリーズでも演出された。

日本シリーズで勝つには、チームの総合力に加えて“勢い”“気持ちの充実度”というファクターがものをいう。 そして何よりも1戦必勝、常にトーナメント形式で戦うことが短期決戦では必須条件なのだ。
全7戦を想定していたら瞬発力で負ける。
これが日本シリーズの最大のポイント!

落合監督は146ゲームのうち85勝するペナントレースの野球をそのまま日本シリーズでもやってしまった。 そして先に3つ負けてしまった為に4つ勝てばいいという俺流野球ができなくなってしまったのだ。
そもそも俺流に“お祭り”という華麗さはなかったのかもしれない。
これがすべてなのだ・・・。

日本シリーズは“勢い”“テンション”“パフォーマンス”の高さがものをいう。
これは昨年の千葉ロッテもそうだった。
まさに昨年と全く同じではないか!?

お祭りを演出したSHINJO、ひちょり、ヒルマン監督、北海道のファン・・・の勝利だ!
“Boys, be ambitious.” 北海道の勝利だ!

|

« アロンソ V2達成! | トップページ | 『いじめ』と『親の責任』について »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103678/12441990

この記事へのトラックバック一覧です: 日本一!SHINJOが泣いた!!:

« アロンソ V2達成! | トップページ | 『いじめ』と『親の責任』について »