« 『いじめ』と『親の責任』について | トップページ | 男女7人 »

2006年11月 3日 (金)

『24』シーズン5

24シーズン5が最終話までレンタルされましたね!
オイラは昨日の真夜中に6話分連続で見ました。

あの憎たらしいローガン大統領が主役級の大活躍?だった今シーズンだったけど、ローガンを操っていた男たちは何者なんでしょうかね。
全く身分がわからずに終わってしまったけど、オイラが思うに、アイツ等がパーマー元大統領を殺せたということは、ゼッタイに噂の組織のあれですよぉ!

マジェスティック12”じゃないですかぁ?

ついに24の世界でも登場?
ケネディー大統領暗殺事件の真相を揉み消したという影の組織なら、パーマーの殺害を実行させて実行犯のヘンダーソンも殺害しようとしてもおかしくない。 ジャックがハイジャックした民間機を戦闘機で打ち落せと大統領に命令できるのはマジェスティック12だけですよぉ!
まぁ、ローガンが何を企んでいたのかがわからないけど・・・。

あと、中国政府の人間が最高にコワイ。
前シーズンにも登場したけど、手口が陰湿だもん!
密かに中国まで拉致して強制収容所に連れていく・・・
そういえばクロエもどっかに連れて行かれたけど、元旦那が中国政府とつるんでいる可能性もあるのかな!?
ジャックの今後が心配ですな。
シーズン6が待ち遠しいです!

ついこの間、キーファー・サザーランドがシーズン6から8と映画化の契約で50数億円の契約金が入るというニュースがあったけど、ということは、しばらくは“ジャック・バウアーは死なない”ということが表に出てしまったわけで、作り手側の24の精神に反して残念でもある!
でもジャックには生き続けてほしいので安心している今日この頃でした。

|

« 『いじめ』と『親の責任』について | トップページ | 男女7人 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『24』シーズン5:

« 『いじめ』と『親の責任』について | トップページ | 男女7人 »