« スパイ殺しと“ダブルオー” | トップページ | 枕ゲイシャ!? »

2006年12月 8日 (金)

政務調査費という名のおこづかい

地方議員による政務調査費の使われ方に問題が起こっているようだ。
政務調査費の“私的流用”“不正利用”だ!

そもそも“政務調査費”とは何なのか?
おそらくは、まつりごとに必要な調査や研究にかかる費用のことであろう。
調査研究そのものと、それに付随する旅費交通費や飲食代もこの中に入ってくる。 そして、その旅費交通費や飲食代に付随するものも、この中に入ってくるのだろう。

その結果が、マイカーの「車検代」や「整備代」、会派仲間との「バス旅行費」、キャバレーでの「飲食代」や「カラオケ代」、事務所の「クリーニング代」や「引越し費用」、妻に支払う「賃貸料」や100%個人所有の「腰あて」まで・・・政務調査費で支払われている。

さらにヒドイのが、領収書の偽造だ!
都内で利用したタクシー代の領収書に、なぜか沖縄のタクシー会社の名前で発行されている!?
有るもの無いものすべてが政務調査費の名のもとで支払われているのだ。

政務調査費は、区や市によっても違いがあるが、議員1人あたり月15万円から20万円の範囲で認められているようだ。
不正が発覚した品川区や目黒区では政務調査費には領収書の提出を必要とするが、領収書を必要としない区や市では、何に使われているのかが全くわからない状態になっている。

公明党目黒区議団は、不正に利用した政務調査費の2年分766万円を目黒区へ返還し、6人の公明党議員は突然辞職し、姿を消した。

オイラは思う。 『セコイ! ズルイ!!』という言葉がぴったりだと。
オイラは思う。 『税金はもはや資源だ!』と。 資源には限りがあるのだよ。

美しい国” これは安倍首相の想いだ!
美しい国に具体例などあるわけがない。 具体的な言葉で抽象的な“美しい”は表現できないからである。
“美しい”は抽象性の連続や集合によってめばえる、人が感じる情だ!

ただし、あえて“美しい国”を表現し実現しようとするのなら、“お金にきれい”が絶対条件になるのだろう。
セコイ、ズルイから“美しい”はまず生まれない。
『人一倍高い価値観や思想をもて!めざせ!!』と言ってやりたいぐらいの腹立たしい不祥事で、オイラはなんか情けない思いだ・・・。

|

« スパイ殺しと“ダブルオー” | トップページ | 枕ゲイシャ!? »

政治・ニュース ブッタ斬り!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政務調査費という名のおこづかい:

« スパイ殺しと“ダブルオー” | トップページ | 枕ゲイシャ!? »