« レッスルキングダム | トップページ | 天候リスクと向き合う時代が来たのか!? »

2007年1月 5日 (金)

レッスルキングダムIN東京ドーム観戦記

今年の1・4東京ドームはすごく良かった!
試合内容も演出も納得できたし、発表された対戦カードもファンの興味をそそったし、エンディングはハッピーな気分になれた!
昨年の東京ドーム大会とは天と地の差があったんじゃないかなぁ

オイラが注目していたのは三冠戦!
壮絶な試合でした。
鈴木みのるとキラー永田がかもし出す雰囲気は殺伐としていて、小川・橋本戦に似た雰囲気をもっていた。
三冠防衛!

中邑真輔は川田利明を相手にすると青臭さが出たけど、プロレスラーとしての戦い方が確立されてきた感じがする。
試合後に川田が『過去3回の対戦よりも一番良かった。新日本を潰すなよ!』と真輔に言ったけど、真輔にプロレス界を託せると思ったんじゃないかなぁ・・・。
川田の勝利!

棚橋弘至は試合運びの上手さとスープレックスの威力には説得力が出てきたかな。
なんせ1年間新日を背負ったのに、今回負けてしまったらすべてがウソになりそうだった。
それにIWGP王者は東京ドームで防衛してこそ認められる。
IWGP防衛!

そして大トリのレッスルキングダム、武藤敬司と蝶野正洋のタッグは別格でした!

武藤の入場曲『TRANS MAGIC』の前奏と蝶野の『CRASH』の前奏のミックスはすごくカッコイイ!
テンコジ相手に大ピンチな時に、『橋本の手は借りない』と言ってたけど、袈裟切りチョップとDDTで逆転するあたりは泣かせるし、試合後には橋本真也がオーロラビジョンに映し出されて『爆勝宣言』で退場するあたりの演出は、三銃士の歴史が成せる技!
感動モノでした。

ただし、ドームの2階席はまったく客を入れなかった。
やはり2階席も含めて満員にしないと・・・。

最後に
新日本プロレスと全日本プロレスが35周年を迎えた。

よく企業の寿命は30年といわれている。
一昨年、新日本プロレスは債務過多で倒産寸前まで追い込まれたが、ユークスの子会社になることで寿命を延ばした。

全日本プロレスは選手の大量離脱によって団体の存在価値が失われた時期があったが、武藤体制・経営陣の一新によって生まれかわれた。

これは喜ばしいことだ!
たとえ天と地がヒックリ返るような激変があっても、ライオンマークと日本地図のマークだけは残さなければいけない。

だって、この看板を守るためにたくさんのレスラーが血を流したのだから。
ジャイアント馬場、アントニオ猪木、ジャンボ鶴田、藤波辰巳、長州力、ハンセン、ブロディー、アンドレ、ホーガン・・・、そして三銃士と四天王。

今回はその2つの団体の協力によって東京ドーム大会は成功したのだ!
オイラはそう思っている。

|

« レッスルキングダム | トップページ | 天候リスクと向き合う時代が来たのか!? »

プロレス観戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103678/13339000

この記事へのトラックバック一覧です: レッスルキングダムIN東京ドーム観戦記:

» レッスルキングダムin東京ドーム [News Hit Channel]
昨日東京ドームで開催された「レッスルキングダムin東京ドーム」、プロレス界の三銃士最後の揃い踏みで展開された試合は最高に盛り上がり、今は亡き故・橋本信也さんへの祈りとともに天まで届く熱い思いで包まれました。 [続きを読む]

受信: 2007年1月 5日 (金) 16時25分

« レッスルキングダム | トップページ | 天候リスクと向き合う時代が来たのか!? »