« 2人の柔道家に明暗が・・・ | トップページ | レッスルキングダム »

2007年1月 3日 (水)

“鼓”という文字

三箇日の最後の日、オイラは川崎大師に詣でることにした。
湾岸を大井で降りて第一京浜を川崎方面に走っていると、
ちょうど12時過ぎぐらいか、沿道が読売新聞の旗をなびかせている人でいっぱいだった。

川崎に近づくにつれて、右折が出来なくなることに気づく!
思えば信号には一回も引っ掛かってない!

どうやら箱根駅伝のせいらしい。

川崎駅近辺で駐車したかったんだけど、右折できずにやむなく直進。
左折をしたって第一京浜を横切れなかったら意味が無い。

川崎駅をとっくに過ぎたところで順天堂のランナーとすれ違った!
車だらけ排ガスだらけの第一京浜を走るのはゼッタイ辛いはずだ。
鶴見駅付近では我が母校・専修大学のランナーとすれ違う。 トップからはだいぶ遅れているようだ・・・、というか出ていたのか!?と驚いた。

なんとか箱根駅伝をやり過ごしUターンに成功。
パーキングに車を置いて、京急で大師駅に行くことにした。

その途中、川崎チッタデッラの広場で太鼓の音が聞こえてくる。
見ると“武蔵野太鼓”と書かれたのぼりが立っていて、ちょうど演目が行なわれている最中だったので、ちょっと寄ることにした。

もう座った瞬間に、太鼓の振動が体にビンビン響いてきて、その迫力にオイラは圧倒されました!
しかも“武蔵野太鼓”のメンバーをみると、オイラの親世代の人から小学校の女の子まで、10数人いる。

この小学生、スゴイ!

たぶんオイラはこんな間近で“和太鼓”の演奏を聞いたのは初めてだ。
時間を忘れて太鼓の音と太鼓打ちを見ていた!
17時に最終公演があるので、それまでに初詣は済ませて戻ってくることにした。

17時になると外はもう暗くかなり寒かった、が、今のオイラには関係ない!
“太鼓”という格闘技が観たいのだ!

白い胴衣の背中に“”という漢字一文字が書かれている。
これ一文字でどういう意味が込められているのだろうか?
とにかく礼で始まり礼で終わるのだから格闘技なのだ!

体全体で太鼓を打つ!
これを1時間ちかくもやるんだからスゴイよ
オイラがスゴイと思った打ち方があって、
渡し』という打ち方がある。
太鼓をたくさん並べて、太鼓を次から次へと打っていき、みんなで技術を競いながら最後には、みんなで音を合わせてクライマックスを迎える。
これにはシビレタ!
無駄な動きがないように思えて、たまに棒をクルクル回しながら曲打ちしてみたりで遊び心もある。
厳しさと華やかさを両方みせてくれるのだ!


“鼓”という文字

太鼓が格闘技ならオイラは曙です。 完敗です・・・。

あと、『源流』って言ってたかなぁ!?
そうゆう演目があって、 1滴・2滴の水が小川になり激しい川となる様子を太鼓で表現するのだ。

オイラ、のめり込みました! 和太鼓の演奏でオイラの厄は落ちたようです。
厄除け大師にいかなくてもよかったかも・・・。
やっぱ和太鼓の音は日本人のDNAをかきたてますね!

探しました・・・、武蔵野太鼓のホームページを。
http://www.geocities.co.jp/MusicHall/2124/

|

« 2人の柔道家に明暗が・・・ | トップページ | レッスルキングダム »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “鼓”という文字:

» K-1の動画と大晦日の視聴率 [ユーチューブ(動画)速報!日本語版]
2006紅白歌合戦でのDJ OZMAが視聴率を上げた?一方K-1ダイナマイトの視聴率は?おまけで曙の動画 [続きを読む]

受信: 2007年1月 5日 (金) 11時24分

« 2人の柔道家に明暗が・・・ | トップページ | レッスルキングダム »