« 実刑判決! | トップページ | 魂を込めて、アグリ出発! »

2007年3月17日 (土)

カポーティ

今朝も東京のどっかで粉雪が降ったらしい。

オイラはそんなことも知らずに昨日レンタルしてきた映画『カポーティ』を朝っばらから観ていた。

『カポーティ』が劇場公開されたのが半年ぐらい前なんだけど、オイラが恵比寿ガーデンシネマの前を通るたびにカポーティのポスターが目に入ってきて気にはなっていたんだけど、劇場数が少なくて見逃してしまった映画だった。
だからDVD化されるのを待っていたんです。

なぜ陽気なトルーマン・カポーティが『冷血』を発表して以降、新作が書けなくなってしまったのかが描かれている。

カポーティは取材のために面談していた殺人犯に友情感情を抱きはじめ、死刑執行が近づくにつれて冷血な殺人犯の死を受け入れられなくなってしまう。

カポーティが『冷血』を完成させるためには死刑執行まで見届ける必要がある。

そのためにカポーティは死刑執行を早めるための裏工作までしたのに、死を受け入れられず、『冷血』というタイトルも受け入れられず、アル中になって彼も死んでしまう。
そんな映画。

レンタル屋も商売上手で、『カポーティ』のとなりに『冷血』や『ティファニーで朝食を』のDVDがとなりに並んでいて、返却したあとに『冷血』のDVDをつい借りてしまったオイラでした。

|

« 実刑判決! | トップページ | 魂を込めて、アグリ出発! »

映画 こちとら、自腹じゃ!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103678/14296960

この記事へのトラックバック一覧です: カポーティ:

« 実刑判決! | トップページ | 魂を込めて、アグリ出発! »