« プチ・バブル再燃? | トップページ | 『ハゲタカ』最終話 »

2007年3月24日 (土)

代理出産最高裁判決について

格闘家・高田延彦氏と向井亜紀さん夫婦がネバダ州で米国人女性に代理出産を依頼し、双子が生まれたことによる出生届の不受理扱いを不当として争った最高裁判決が昨日あった。

『実親子関係を認めず』
最高裁は東京高裁の判決を覆した。

オイラは司法の寛容さを期待していただけに残念でならない。

だって、この裁判は夫婦と親子の願いを聞き入れてほしい、なんとか救ってほしい、という想いで申し立てた裁判で、立法の不作為なんて高田夫婦はまったく問題にしていないのだ。

立法の不作為や特別養子縁なんてどうでもいいのに、司法は変化を嫌い不作為で逃げた。

オイラは思う。誰のための司法制度なのか?
誰のための戸籍制度なのか?

この答えを無視した最高裁の判決ではないだろうか。
オイラは東京高裁の判決が出たときにもブログで代理出産のことをこのように書いた。

代理出産は法律で禁止するべきだけど、完全に禁止してしまうと子供がいない夫婦を救うことができなくなってしまうので、法律で条件をルール化して国が介入するべきだ。

このルール化は戸籍制度をもつ国の責任なのだ!

今でも日本の法律に代理出産に関するルールがない。
国会で審議すらされておらず、日産婦の指針で禁止しているのみに留まっている。

でも、この裁判ではそんなことはどうでもいいことで、
高田夫婦は法律上でも実の親子にしてほしい、出生届を受理してほしい、と裁判所に救いを求めているのだ。
このままでは、子供に法律上の親が存在しないことになってしまう。
米国裁判では高田夫婦の実子を認めた確定判決が出されている。
それすら最高裁は『公の秩序に反する』と言った。

オイラは思う。
寛容さを失った司法に未来はない!

朝日の社説で『今の段階では現実的な考え方だと思う。』と判決を評しているが、こんな社説を書いてて恥ずかしくないのか?
判決は非現実的なもので、司法の役割を放棄したのだよ。

だって最優先に考えるのは現に存在する子供の福祉だったはずだろう。

関連記事
http://fight-club.cocolog-nifty.com/noglog/2006/10/post_3109.html

|

« プチ・バブル再燃? | トップページ | 『ハゲタカ』最終話 »

政治・ニュース ブッタ斬り!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 代理出産最高裁判決について:

» 住宅ローン [住宅ローンおまかせナビ]
住宅ローンの賢い利用方法、知っておきたい情報を満載! [続きを読む]

受信: 2007年3月25日 (日) 16時18分

« プチ・バブル再燃? | トップページ | 『ハゲタカ』最終話 »