« 代理出産最高裁判決について | トップページ | 春場所千秋楽について »

2007年3月25日 (日)

『ハゲタカ』最終話

ついにNHKドラマ『ハゲタカ』が最終回!

銃で撃たれた鷲津政彦は正式にホライズンを解雇されてしまう。

大空電機の買収に成功したホライズンは当初の予定どうりレンズ部門を米国の軍事企業への売却計画を発表する。
と同時に従業員の大半をリストラすることを芝野健夫に命じる。

大空の存亡を危ぶんだ芝野は職を失った鷲津に協力を要請し、鷲津はファンドを立ち上げる。

芝野と鷲津の戦略はレンズ部門のバイアウト!
支配された大空から独立して新会社の設立をめざす。

さあ、バイアウトは成功するのか?
お金で買えないモノを鷲津は手にできるのか?
といった内容。

オイラは毎週、一喜一憂しながらドラマを観てきたわけだけど、
毎週誰かがお金に翻弄され、毎週誰かが自ら命を捨て、登場人物たちはいったい何モノと戦っているのか。

いつもそんなことを考えさせられるドラマだった。

|

« 代理出産最高裁判決について | トップページ | 春場所千秋楽について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ハゲタカ』最終話:

« 代理出産最高裁判決について | トップページ | 春場所千秋楽について »