« IWGP戦について | トップページ | 選挙について »

2007年4月16日 (月)

マッサ完勝、アロンソ屈辱!

(バーレーンGP決勝)
まったく良いところなしのフェルナンド・アロンソ。

4番グリッドからスタートしたアロンソはスタートのはやさで順位を上げたが、ライコネンを引き離すことが出来ずに22周目に1回目のピットイン、
ライコネンがすぐさま反応して23周目に続いてピットイン。コースに復帰したライコネンがアロンソの前に出てあっさり逆転されてしまう。

順位を落としてしまったアロンソはまったくついていけずに、BMWのハイドフェルドにもオーバーテークされる始末。
もはやこれでジ・エンド!

明らかにアロンソのマシンは予選から異変が起きているようだった。

戦略もまずかったか?

アロンソのペースがあがらないのは第2スティントがフェラーリ勢やハイドフェルドに比べて長かったことも理由に考えられるが、
そうだとすると、ハミルトンの1回目のピットインが19周目で2回目のピットインが44周目だったので、給油の積載量はハミルトンのほうがアロンソよりも4周分重かったことになるので、アロンソのペースがあがらなかった理由にはならないし、
ハミルトンは長かった分だけソフトタイヤの恩恵を受けていたためか常にライコネンの前に位置して2位をキープしているので、
戦略がまずかったとは言い難い。

ただ、いくら勢いのあるBMWのハイドフェルドとはいえ簡単にパスされてしまったのは、アロンソらしさが欠けていたように思える。

まさかの5位フィニッシュで4ポイントに留まった。

それに対して、フェラーリのフェリペ・マッサは圧勝のポール・ツー・ウイン!

決勝前にはマッサのタンクは軽いと噂されたが、1回目のピットストップが21周目だったことを考えれば決して軽いわけではなかった。
それでも第1スティントで10秒のリードを築けたということはマッサのマシンがズバ抜けた速さだったことがうかがえた。

今季初V、10ポイント獲得してドライバーズポイント計17点で追撃体勢がととのった。

そして期待の新人ルイス・ハミルトンは偉業を成し遂げたようだ。
F1史初のデビューから3戦連続表彰台に上がる2位ゴールで、ポイントでアロンソとライコネンに並ぶ計22点でトップに立った!

残るは初優勝のみ!

BMWは速さが際立つ。
予選5、6位で2強に大接近!
決勝ではハイドフェルドがアロンソにオーバーテークするというサプライズあり。

ハイドフェルドは4位フィニッシュでドライバーズポイント15点はマッサに2ポイント差で追う位置。

ルノー、トヨタ、ウィリアムズのバトルは激しさを増す。

そして我らのスーパーアグリは、

Q1敗退のタクマは決勝でもエンジントラブルにより今季初リタイア。

デビッドソンはQ2に進出して予選13位の高成績、決勝では第1スティントで誰よりも長くコースに留まり一時は6位を走行していたが、終盤になってタクマのマシンと同じエンジントラブルによりレースを終えた。

次回からヨーロッパラウンドに突入!
ホンダに期待したい…。

|

« IWGP戦について | トップページ | 選挙について »

F1 スーパーアグリ応援団」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103678/14704746

この記事へのトラックバック一覧です: マッサ完勝、アロンソ屈辱!:

» ドイツ車 [ドイツ車]
ドイツ車の魅力を語るブログです。なぜドイツ車は人気があるのか?ドイツ車の人気の秘密は?ドイツ車好きにはたまらない情報ブログを目指します。 [続きを読む]

受信: 2007年4月16日 (月) 21時13分

» 宮崎あおい 某ホテルでのパンツ一丁でのヌード映像。 [ 宮崎あおい 某ホテルでのパンツ一丁でのヌード映像。 ]
芸能人の恥ずかしい過去等を公開。 (画像 芸能 お宝)画像一覧. 芸能人の過去. 芸能界裏情報. アナウンサー裏情報報掲示板等 [続きを読む]

受信: 2007年4月16日 (月) 21時26分

« IWGP戦について | トップページ | 選挙について »