« シルバー勢モナコGP 完封勝利! | トップページ | 大相撲、新時代に突入! »

2007年5月29日 (火)

現職大臣の悲報

罪を憎んで人を憎まず

松岡農林水産大臣が自殺した…。

これで還元水疑惑も献金問題も、その真相真実を松岡大臣の口から聞くことはできなくなった。

ただ、死をもって償うということは、ただの疑惑ではなかったことが推察できる。

まずオイラが言いたいのは、1人の人間の自殺を誰か特定の人の責任にしてはいけない、ということ。
しなきゃいけないのは、1人の人間を自殺に追い込んだ罪をあぶり出して、究明することではないか。

そしてもう1つ。
現職大臣に限らず、国会議員の自殺なんてありえない、ということ。
これっきり、これで終わりにしてほしい。

いじめによる子供の自殺が続いたとき、国会は最優先でいじめ問題を議論したはず。
それなのに、自殺をストップさせる立場の議員が自殺の道を選んでしまうなんてあってはならないこと。

そして今日、林道談合で事情聴取を受けていた緑資源機構の元役員も自殺した。

どんな見えざる手のチカラが働いているのか知らないけど、罪を働いてしまう仕組みを変えていくしかない。
見えざる仕組み、暗黙のルールにハマり込まないためにも…。

|

« シルバー勢モナコGP 完封勝利! | トップページ | 大相撲、新時代に突入! »

政治・ニュース ブッタ斬り!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現職大臣の悲報:

« シルバー勢モナコGP 完封勝利! | トップページ | 大相撲、新時代に突入! »