« 極私的6月17日とハッスル・エイド | トップページ | 7.29参院選について »

2007年6月20日 (水)

フェラーリの失速、原因は風洞にあり?

2週連続で開催されたF1北米ラウンド2連戦。

2連勝を飾ったマクラーレンに対しフェラーリ勢は惨敗を喫してしまった。
しかもルイス・ハミルトンが2戦連続でポール・トゥ・ウインを飾り、アロンソもアメリカGPでは2位でフィニッシュしたのでワン・ツー完勝、マクラーレンは北米ラウンドを終えた。

それに対してフェラーリ勢は、マッサが失格と3位、ライコネンが5位と4位にとどまった。

いったいフェラーリはどうしてしまったのか? 第4戦のスペインGPまではマシンの性能とスピードで群を抜いていたはず。
しかもスペインにはF2007をさらに改良した最新型F2007を投入し、圧倒的な速さで勝利を挙げた。

それがモナコと北米2連戦では、マクラーレンの影をも踏むことすら出来ずに失速してしまったのだ…。

その失速の原因がマラネロの風洞施設にあったことが、今日のトーチュウに報じられている。

風洞が壊れたのが5月ということなので、ちょうどモナコGPの直前ぐらい。

その期間、風洞実験による空力開発とデータ収集が出来なかったことを考えれば、この3戦の敗北も頷ける。 と同時に、フル稼働で風洞を動かせるまでに修復されているのなら、後半戦への逆襲も十分に期待できる。

確かに、この3戦の失点は大きい。 でも今のポイント制なら、1回のリタイアで情勢は逆転してしまう。

それに、ハミルトンvs王者アロンソだけの対立構造では何か物足りないではないか。
コンストラクターの熾烈な開発争いもF1の醍醐味のひとつだろう。
まだ半分もシーズンを消化してないのだから決戦はまだまだ先にある。

願う、フェラーリの逆襲がみたい!

|

« 極私的6月17日とハッスル・エイド | トップページ | 7.29参院選について »

F1 スーパーアグリ応援団」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103678/15502927

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリの失速、原因は風洞にあり?:

« 極私的6月17日とハッスル・エイド | トップページ | 7.29参院選について »