« 極私的7月1日と武藤敬司の敗北 | トップページ | 久間防衛相の辞任について »

2007年7月 2日 (月)

跳ね馬の逆襲、ついに始まる!

フランス・マニクールに跳ね馬が舞った!

モナコ、北米2連戦の失速がまるで嘘だったかのようにフェラーリの2台が独走した。

ライコネンは開幕戦以来の優勝を飾り、マッサは優勝を逃してしまった格好だけど2位でゴールしたので、フェラーリにとっては念願のワン・ツーゴールを達成し、跳ね馬が復活のノロシをあげた。

対するマクラーレンはというと、
スタートでライコネンにパスされたハミルトンのマシンはフェラーリ勢に追い付こうとするスピード感やマシンの躍動感がまったく感じられなかったし、

アロンソのマシンは金曜日のフリー走行のときからトラブルが出ていて、
予選ではQ3をまったく走れず…。
決勝ではBMWのハイドフェルドに25周ちかくにわたって引っ掛かってしまう。明らかにBMWよりも速くてもパスできないジレンマにますます焦る。
ゴルフストレートで横に並びストレートエンドでスピードオーバー、アデレードヘアピンで膨らんでコース取りで逆転される。
その繰り返し。

結局、アロンソは7位フィニッシュがやっとだった。

このグランプリで興味深かったのが、フェラーリとマクラーレンの戦略の違い。

タイヤがワンメークになってからは作戦の違いがあまり見られなかったのが、このグランプリではフェラーリ勢が2回ストップ作戦で、マクラーレンのハミルトンが3回ストップ作戦。

ハミルトンは70周を4分割に刻んだわけだがラップタイムでフェラーリにはかなわなかった。

欧州ラウンド第1戦、マクラーレンの惨敗と言ってもよさそうだ。

こうなると、フェラーリにもチーム内バトルが始まりそう。
優勝したライコネンが42ポイントで、マッサが47ポイント。
たった5ポイントの差。

マッサとアロンソの差が3ポイントのみ。

次回のシルバーストンが楽しみだ!

フランスGP結果
1ライコネン(フェラーリ)42
2マッサ(フェラーリ)47
3ハミルトン(マクラレーン)64
4クビツァ(BMW)17
5ハイドフェルド(BMW)30
6フィジケラ(ルノー)16
7アロンソ(マクラーレン)50
8バトン(ホンダ)1

|

« 極私的7月1日と武藤敬司の敗北 | トップページ | 久間防衛相の辞任について »

F1 スーパーアグリ応援団」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103678/15631756

この記事へのトラックバック一覧です: 跳ね馬の逆襲、ついに始まる!:

« 極私的7月1日と武藤敬司の敗北 | トップページ | 久間防衛相の辞任について »