« 跳ね馬の逆襲、ついに始まる! | トップページ | 今週の政治経済ニュースについて »

2007年7月 3日 (火)

久間防衛相の辞任について

『原爆しょうがない』発言で批判の的にさらされた久間防衛相が辞任を表明し、首相がそれを了承した。

後任には国家安全保障首相補佐官の小池百合子氏が就任する。

またか…、いい加減に大臣の不適切発言は自重してもらいたいものだ。 特に久間防衛相は米国のイラク開戦を『間違っている』と今になって批判して、米国まで行って謝罪した。

もちろんイラク攻撃は誰もが判断を誤ったと思っている。
でもその事を防衛大臣が軽々しく言うことではない。

そして今回の『原爆しょうがない』発言で被爆者の想いを逆撫でするようなことをつい言ってしまう愚かさ。

確かに、原爆投下が日本を降伏へと導き終戦した。

降伏が遅れれば、ソ連の参戦によって北海道が占領されていた可能性がある、という歴史認識もあるのかもしれない。

だからといって、原爆投下が“しょうがなかった”とはならないはずだし、長崎への2発目の投下はどんな理由にせよ肯定できるものではない!

長崎への攻撃も終戦を早める為だったという言い分は攻撃したアメリカ側のものであって、ソ連を牽制するため、兵器を使いたいが為の攻撃だったと政府は抗議すべき立場にある。

でも政府はそのことには触れずに、黙って米国の核の傘に入ってきた、という論調もある。

ホントに日本は黙っていたのか?

オイラはそうは思わない。
唯一の被爆国として、核兵器の悲惨さとその廃絶を国連でも被爆地でも毎年のように世界にむけて訴えているように思う。

それなのに“しょうがない”とは何事か!と罷免を求められるのも当たり前。

あと、核保有論だけど、
抑止力としての核保有が機能していた時代は確かにあった。
日本も傘に守られてきた。 それは認めるところ。

でも、ここ十数年で核を保有した国をみると、抑止力や安全利用を口実に、“国際的な発言力を強く持ちたい”という一心で核実験を強行していたようにみえるのだ。

核兵器なんて人類にとって何ひとつ良いことないし、
それに日本には被爆国として発言力は十分にある。

諸外国がどういった事情で核を保有し、国際法をどう解釈していようとオイラはどうこう言うつもりはないけど、日本の政治家が核保有論をあたかも現実的な議論みたいにしゃべっているのを見てると、オイラにはカッコ悪くしか見えないのだ。

まぁ、それはいいとして、
久間大臣の辞任を1番驚いているのは民主党かもね。
それに小池さんを起用する安倍首相のしたたかさもクリーンヒットしている!

|

« 跳ね馬の逆襲、ついに始まる! | トップページ | 今週の政治経済ニュースについて »

政治・ニュース ブッタ斬り!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久間防衛相の辞任について:

» 久間防衛相「原爆投下はしょうがない」発言の真実 [芸能情報と身近なニュース]
マスコミで叩かれたこのニュース真実を読むには発言全体をみてみないと新聞記者のブログから真相を見つけました。《久間氏 ソ連、中国、北朝鮮と社会主義陣営、こっちは西側陣営に与したわけだが、欧州はソ連軍のワルシャワ条約機構とNATO軍が対立していた。そのときに...... [続きを読む]

受信: 2007年7月 5日 (木) 10時17分

« 跳ね馬の逆襲、ついに始まる! | トップページ | 今週の政治経済ニュースについて »