« 7.29選挙について | トップページ | 『美しい国』に NO ! »

2007年7月29日 (日)

アジア杯韓国戦について

オシムジャパン、宿敵の韓国にPK戦の末に敗れた…。

この韓国戦をひとことで言うと、
日本はリスクを避けて勝負を落とした。
これに尽きる。

オイラは韓国に後半戦を乗り切られたことで“日本は危ないかも…”と思い、延長戦を乗り切られたときに“PK戦は負ける”と確信した。

これは嫌な予感がした、といったものではない! 勝負の風向きは韓国にしか流れていないと確信できたからだ。

というのも、韓国は後半のハプニングを怒りに代えてプレーした。ときには体を激しくぶつけて今あるピンチを回避する、そして一瞬のチャンスを狙って速攻をかけた。
もう韓国には速攻しかなく、それがプレーにもあらわれていた。
延長戦に突入すると、韓国にとっては、この勝負に勝つためにはPK戦に持ち込むしかないので、必死になって守り勝ったのだ。

対して日本はどうだったか?
攻めあぐねてパスミスを連発したし、韓国の迫力にのまれて個人技の魅力に欠いた。

要はリスクを取らなかったのだ。
本来なら、その状況、またその状況でリスクをどれだけ背負えるのか、それを判断してボールをだす。

そこが勝負なのだ!

それなのに安全にいき過ぎてリスクを避けた。 リスクを避ければ積極性を欠く、当然に体だって動かない。

これではオシムサッカーの“走って考える”には相反するプレーになるのだ。

自分たちのサッカーができないんだから、勝負の流れを引き寄せることもできない。
だから勝てないのだ!

よく勝負のことをこう言ったりする。
『勝負は最後までわからない』

野球なら九回の2アウト、
サッカーならロスタイム、

でも、この言葉はプレイヤーに『最後まで全力プレーをしろ!』、ゲームセットの瞬間まで勝ち負けは決まらないという言葉。

でも勝負の流れは違う!
一方に流れたら、その流れを変える要素がないとそのままゲームセットで終わってしまうのだ。

その要素が、延長戦が終了したことで日本にはなくなってしまった、だから日本は負けると確信したのだ。

それでもオイラは日本人として日本代表に勝ってほしいと天に願った。
でもサドンデスに突入して6人目の羽生が外してしまったときには『やっぱりなぁ…』って、つぶやいてしまったのだった。

|

« 7.29選挙について | トップページ | 『美しい国』に NO ! »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103678/15942756

この記事へのトラックバック一覧です: アジア杯韓国戦について:

« 7.29選挙について | トップページ | 『美しい国』に NO ! »