« 内閣支持率は浮揚するのか!? | トップページ | 進め、マイケル・ムーア少年! »

2007年8月27日 (月)

跳ね馬劇場の幕開けか!?

退屈なレースだった…。

いくら抜きどころがあるコース(イスタンブール)とはいえ、4強プラスBMW勢の6人によるオーバーテークシーンはゼロ。
実際、アロンソはコース上でBMW勢をオーバーテークできずに、2回のピット戦略で順位を入れ替えるしかなかった。

理論上は抜きどころがあって、しかもドライビングミスをおかしやすいテクニカルなコーナーがあっても、実際にはレコードラインを外せばスピードを大きく失ってタイヤは埃だらけ。

これではオーバーテークポイントが多数あってもオーバーテークシーンはまったく見られない。
いくら有名なコースデザイナーのへルマン・ディルケが設計しても、開催されるレースがつまらなければ、ただの新しいサーキットで終わってしまうのだ。

最近のF1にはこんなコースが多くなってきた。
オイルマネーの豊富な国が国家レベルでサーキットを造って、奇抜なデザインでエスケープゾーンが十分に確保された、それは素晴らしいサーキットなんだけど、自動車レースの文化がなくてコース上は汚れている。これでは面白いF1レースは見られない。

まぁ、それはいいとして、
フェラーリにとってトルコGPの意味合いはエースドライバーを決めるグランプリだったようだ。
確かに残り6戦、ハミルトンとのポイント差はライコネンが20で、マッサが21なので、2人でポイントを潰しあったらハミルトンには追い付かない。

そういった意味ではマッサの今季3勝目は大きな価値がありそうだ。
でも、ライコネンもたった1ポイントリードされたぐらいでエースの座を譲るとは考えにくいし、勝ち数も3で並んでいるわけで…。

真のエース決定戦は次戦のイタリアGPだ!

唯一、トルコGPでショッキングだったのが、レース中盤、ハミルトンに起こった突然のタイヤバーストだった。

路面温度が50度を超え、タイヤの表面温度はその倍なのだから、耐えられなくても無理はない。

それでも、幸運にもコースからは少しはみ出す程度で済んで、ほとんどレギュラーなピットストップでレースを再開できたのはハミルトンには明らかに運がある証拠!

アロンソも3位フィニッシュは想定外の喜ばしい出来事だったはず。

次はフェラーリのお膝元、イタリアGPだ!跳ね馬劇場に期待大!!

トルコGP決勝結果

跳ね馬のワン・ツー勝利
1マッサ(フェラーリ)69
2ライコネン(フェラーリ)68
3アロンソ(マクラーレン)79
4ハイドフェルド(BMW)47
5ハミルトン(マクラーレン)84
6コバライネン(ルノー)19
7ロズベルグ(ウィリアムズ)9
8クビツァ(BMW)29

|

« 内閣支持率は浮揚するのか!? | トップページ | 進め、マイケル・ムーア少年! »

F1 スーパーアグリ応援団」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103678/16259983

この記事へのトラックバック一覧です: 跳ね馬劇場の幕開けか!?:

« 内閣支持率は浮揚するのか!? | トップページ | 進め、マイケル・ムーア少年! »