« アロンソに処分、王者の品格は… | トップページ | マクラーレンに激震、反逆の王子現わる! »

2007年8月 6日 (月)

朝青龍問題について

『品格、力量、抜群の者』

これが横綱たる条件だ!

強い!だけではダメで、一義的に品格のほうが力量よりも重視される。しかも、すべてに“抜群”を要求されている存在なのだ!

もし本場所で横綱が負け越すようなことがあれば、協会から廃業を勧奨されたりもする。

もっといえば、横綱に限らず大相撲の世界に生きるすべての人に伝統と格式を重んじることを要求する。

そういったことを踏まえると、朝青龍の一連の行動は褒められたものではない。精神的に打たれ弱いことも露呈してしまった。

まったく失態である。

横綱として未熟だったと言えるし、軽率な行動でファンをガッカリさせてしまったのなら、それなりの処罰を受けなければいけない。

そこで、まずオイラの感想を言うと、

協会が下した朝青龍への処分は罰ではなくて理不尽。無理を言うな!である。
そしてマスコミの廃業報道に関しては、無礼失礼極まりない。マスコミが品を語るな!である。

相撲協会の理事達なら、この処分の意味合いが罰ではないことを理解している。

処罰と言いながら朝青龍に更生を期待していない。
だから理不尽なのだ!

まして横綱教育を怠った大相撲界に本質的な欠陥があるんであって、朝青龍の横綱としての資質に欠陥があるのではない。
もし資質に欠陥があるのなら、横審が資質の欠陥を見抜いて横綱に昇格させなければいいだけだった。

それにファンが望んでいるのは厳罰ではなくて、品位力量バツグンの横綱・朝青龍の姿なのだ。

だから今回のような理不尽な処遇は考え直して、朝青龍に横綱教育を厳しく教えればよろしい!

今までなら通用していたことも、もはや通用しない。
八百長も稽古中のシゴキという名のいじめも、通用しない。

通用しないものを伝統とは言わないのだ!

オイラには疑問がある。
横審は力士の品格を審査しているのか?

どうみても、品格よりも勝星を優先しているように思える。

最後に朝青龍に言いたい。
孤独なのはわかるけど、こんなんで抑うつ状態になるな!
もしダメならプロレスへ来い。曙はG1クライマックスに出ているぞ!

|

« アロンソに処分、王者の品格は… | トップページ | マクラーレンに激震、反逆の王子現わる! »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103678/16031161

この記事へのトラックバック一覧です: 朝青龍問題について:

« アロンソに処分、王者の品格は… | トップページ | マクラーレンに激震、反逆の王子現わる! »