« 巨人?or中日? セ・リーグを制するのはどっち? | トップページ | 無念のトヨタ、歓喜のホンダ! F1日本GP予選 »

2007年9月28日 (金)

30年ぶりに富士でF1 開幕!

30年ぶりに富士でF1<br />
 開幕!
約200億円を費やして全面大改修された富士スピードウェイで、今日28日、F1日本グランプリが開幕した!

このコースの特徴は、F1サーカス最長の1500mロングストレートと後半の低速コーナー区間をあわせもつこと。
つまりセッティングをどちらに比重を置くかで戦い方がガラッと変わってくる。

注目はジャパンパワー!と言いたいところなんだけど、いまだドライバーズタイトルの結末が読めない現状をふまえると、やはり、王者アロンソと新人ハミルトンとのガチンコ・マクラーレン対決と、虎視眈眈と大逆転を目論むフェラーリ勢の巻き返しだろう。

フリー走行の結果をみると、

午前のフリー1回目は、フェラーリ勢がワンツータイムで飾り、
トップタイムはライコネンの1分19秒119

午後のフリー2回目は、逆にマクラーレン勢がワンツーで飾り、
トップタイムはハミルトンの1分18秒734

現時点でほぼ互角!

その次に注目すべきはジャパン勢の活躍ぶりだ!
ジャパンのなかでもトヨタが圧倒的有利に違いはなく、地の利を活かした走りでBMWに迫ることが期待されている。気象コンディションによってはコースデータの豊富なトヨタにサプライズあり!

そのトヨタは、
ヤルノ・トゥルーリがフリー2回目に1分19秒711のベストタイムをたたきだして4番手の好タイム。
チームメイトのラルフ・シューマッハは同じく2回目に9番手のタイム。

地球カラーのホンダ勢は、
バトンが午後フリーに1分20秒336の14番手、
バリチェロが午前フリーに11番手のタイムをたたきだし、ホンダ勢はまずまずのスタートを切れた。

お台場モータースポーツジャパン

そして我がスーパーアグリ・ホンダの佐藤琢磨は、
午前フリーで1分21秒186の17番手、
午後フリーで1分21秒352の22番手で苦しいスタートになってしまった。
30年ぶりに富士でF1<br />
 開幕!

ただ、デビッドソンのタイムが20秒台に入っているので、明日の予選は1発の速さに期待してもよさそうだ!

もうひとりの日本人、スパイカー・フェラーリの山本左近は、琢磨よりもポジションが高い21番手のタイム。左近の場合、チーム事情もあって、来季のシートを確保する為にもここで速さを知らしめたいところ。

さぁ、稀に見る3強対決も残り3戦、日本の富士からクライマックス・シリーズへと突入する!

主役は誰だ!?

|

« 巨人?or中日? セ・リーグを制するのはどっち? | トップページ | 無念のトヨタ、歓喜のホンダ! F1日本GP予選 »

F1 スーパーアグリ応援団」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103678/16603154

この記事へのトラックバック一覧です: 30年ぶりに富士でF1 開幕!:

« 巨人?or中日? セ・リーグを制するのはどっち? | トップページ | 無念のトヨタ、歓喜のホンダ! F1日本GP予選 »