« 極私的9月16日(日)前編・映画『HERO』 | トップページ | 古田敦也兼任監督の引退について »

2007年9月17日 (月)

3年ぶりコンストラクター王者

残り3戦を残して赤い彗星のフェラーリマシンが3年ぶりにコンストラクター王者へと返り咲いた訳だけど、今回の騒動とベルギーGPを観ていて、なんか素直に祝福できない結末だね…。

もうこれはF1の歴史的汚点なのだ!
極秘情報を盗んだとされるマクラーレンも、盗まれたフェラーリにも罪があるし、それに大岡裁判ができないFIAにも責任があるのだ。

ベルギーGPの感想としては、マクラーレンが闘う集団でなくなってしまったような印象を感じた。

もちろんドライバーズタイトルはシルバーアロー戦士2人の戦いではあるんだけど、アロンソもハミルトンもスパイ事件の踏絵を踏まされたせいか精彩を欠いてしまった。

むろん、あの精神状態で予選を戦えるだけで尋常を越えた集中力なんだろうけど、あまりにも今回は障害が大きすぎた。

心配なのがマクラーレンのファクトリーで、コンストラクターズの目標がなくなった今、残り3戦とはいえフル稼働で働くモチベーションを維持できているかどうか。

稼働状況によってはマクラーレンの残り3戦、ドライバーズもかなり厳しくなるし、

極端な話をすれば、ハミルトンが1コーナでレースを終了させてもコンストラクターズに影響しないのだから、セナ・プロの二の舞があってもおかしくない。
セナに憧れをもつハミルトンならやりかねないし、もしそれを否定するのならF1の歴史を否定するのと同じなのだ。

FIAは商業的にドライバーズポイントには手を入れなかったと伝えられているけど、残り3戦で2007年シーズンがめちゃくちゃになる可能性すらある。
ドライバーズだけを不問にするということはそういうことなのだ。

最後に…、ベルギーGPは退屈なレースだった。

ベルギーGP結果
1ライコネン(フェラーリ)84
2マッサ(フェラーリ)77
3アロンソ(マクラーレン)95
4ハミルトン(マクラーレン)97
5ハイドフェルド(BMW)56
6ロズベルグ(ウィリアムズ)15
7ウェーバー(レッドブル)10
8コバライネン(ルノー)22

|

« 極私的9月16日(日)前編・映画『HERO』 | トップページ | 古田敦也兼任監督の引退について »

F1 スーパーアグリ応援団」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103678/16477905

この記事へのトラックバック一覧です: 3年ぶりコンストラクター王者:

« 極私的9月16日(日)前編・映画『HERO』 | トップページ | 古田敦也兼任監督の引退について »