« 極私的9月8日(土)デス・プルーフ | トップページ | 給油活動と対テロ新法について »

2007年9月10日 (月)

翼をもがれた跳ね馬

驚いた、これほどフェラーリが地元モンツァで失速するとは思わなかった…。

高速サーキットでこれだけ弱さを露呈してしまうと、次のスパもフェラーリにとって厳しいのが容易に予想ができてしまう。

で、レースのスタート時のことだけど、

ここ何戦かスタートがよろしくないハミルトンだけど、今回も大失敗してマッサに前に出られてしまったけど、そのミスをアロンソが救ったようにオイラには見えたのだ。
1コーナーでマッサのコースラインをアロンソが完全にブロックしていて、ハミルトンがマッサをアウトラインからかぶせられるようにコントロールしたように見える。もしワン・ツー態勢を維持するために意図的にスピードをゆるめてマッサをブロックしていたとすれば、やはり凄い王者だとなる。

そのあとは独走状態で、ライコネンのワンストップ作戦の奇襲攻撃を仕かけられてもアロンソはまったく動ぜず、ティフォシの前で今季4勝目、マクラーレンのワン・ツー勝利でイタリアGPを完全制圧してしまった!

これで跳ね馬はジ・エンドか!?

将棋に例えるならマクラーレン勢による王手! 残り4戦、詰め将棋のように王手がかけられ続けるのだ。

実際、ドライバーズトップのハミルトンとは、ライコネンが18ポイント差で、マッサが23ポイント差。まだ希望はあるものの、ハミルトンとアロンソが一緒にリタイアするとは思えない。

そうなると、シルバーアロー戦士によるタイトル争いに歯止めをかけるには、マッサをライコネンのサポート役にするしかない。それでも空から垂れた糸をよじ登るほどの厳しい状況か。
さぁ、どうする?
おそらく今後のことを、ジャン・トッドCEOとモンテゼモロ会長、モンツァに来ていたマイケル・シューマッハの間で話し合われているんじゃないかなぁ?

事態は緊急を要する!

イタリアGP結果
1アロンソ(マクラーレン)89
2ハミルトン(マクラーレン)92
3ライコネン(フェラーリ)74
4ハイドフェルド(BMW)52
5クビツァ(BMW)33
6ロズベルグ(ウィリアムズ)12
7コバライネン(ルノー)21
8バトン(ホンダ)2

|

« 極私的9月8日(土)デス・プルーフ | トップページ | 給油活動と対テロ新法について »

F1 スーパーアグリ応援団」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103678/16409307

この記事へのトラックバック一覧です: 翼をもがれた跳ね馬:

» 内田恭子、スカートずり落ちハプニング映像!! [内田恭子、スカートずり落ちハプニング映像!!]
ジャンクスポーツなどで有名な内田恭子が放送中にスカートが落ちちゃった!!永久保存版お宝映像です。 [続きを読む]

受信: 2007年9月11日 (火) 03時13分

« 極私的9月8日(土)デス・プルーフ | トップページ | 給油活動と対テロ新法について »