« 巨人優勝! セ・リーグ完結!!  | トップページ | 『PRIDE』の消滅について »

2007年10月 3日 (水)

10.2巨人vs ヤクルト戦について

10.2巨人vs<br />
 ヤクルト戦について

優勝マジック『1』

急遽、NHK BS1で巨人戦の放送が決まったものの、日テレは地上波での放送を見送った。もちろん、番組改編期の都合上、野球中継を放送できないという事情も理解できる。
しかしだ、巨人軍優勝の生映像を地上波で流せなかった日テレはテレビマン集団失格なのだ。キー局として最悪だ!

まぁ、最初からテレビなんかに期待してないが…。

この日、オイラは東京ドームへ観戦しに行ってきた。
その際、問題だったのがチケット。

オイラが指定席券を買ったのが先週の土曜日で、優勝マジック『2』が点灯した日の翌日だ。
すでに指定席は全席完売していたので金券ショップで通常の価格の2倍ちょっとするチケットをペアで買ったんだけど、その時点ではかなりの賭けだった。

だって、中日が広島2連戦に2連勝していれば昨日の優勝はなかったし、2連敗していれば昨日は消化試合になっていたんだもん。

でも原監督の胴上げを見たいという一心で即買い。

まぁ、そんな話はいいとして、巨人対ヤクルト戦の話だけど、

古田監督、もはや勝負師の勘を失ってしまったようだった。
常に試合をリードしていながらまったく動けない。

特に疑問だったのが、1点リードの8回表、2死1・2塁、バッターは投手のシコースキー。
この回は巨人の守備がゴタゴタしていて1点でも追加点を獲れればヤクルトに勝機があった。それなのに、そのままシコースキーをバッターボックスに立たせて三振、無得点に終わってしまった。

その瞬間、オイラはジャイアンツが勝てると確信できたのだ。だから9回裏の2死満塁の場面で清水が決めるシーンをイメージで思い描けた!

もしあの時、『代打オレ!』でもあれば、結果に関係なく悔いは残らなかったはずだし、違った結果になった可能性もある。

それに巨人ファンもドーム最後の『代打オレ!』が見たかったんじゃないかなぁ…。

逆に昨日の原監督は冴えまくった。いつもは采配ベタな監督だけど、『ジャイアンツ愛』が求心力になって、シーズン終盤はミラクルな逆転勝ちやラッキーボーイが登場した。その集大成が9回裏二死からのサヨナラ劇に思えてならない。

巨人優勝! セ・リーグ完結!!

クライマックスシリーズもこの勢いのまま『ジャイアンツ愛』で!

|

« 巨人優勝! セ・リーグ完結!!  | トップページ | 『PRIDE』の消滅について »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103678/16653642

この記事へのトラックバック一覧です: 10.2巨人vs ヤクルト戦について:

» 古田監督、笑顔でまた会いましょう! [ニュースデイリーライン ]
古田対佐々岡・・・しびれましたね佐々岡は、前日の引退試合で最後の登板を果たしたばかり、これぞサプライズ登板。社会人時代からの盟友でともに引退する古田のために、この日の登板を志願したそうです。またひとつの時代が終わるのですね。年齢からすれば、サラリーマンならバリバリのエースなのに・・・お涙頂戴ではなく、古田監督のさわやかな去り際が素敵でした。... [続きを読む]

受信: 2007年10月 8日 (月) 01時51分

» 巨人 戦のご紹介です! [読売ジャイアンツ 応援日記 最新情報!!]
伝統の一戦 阪神vs巨人70年史商品価格:3,591円レビュー平均:3.67[プロ野球]巨人戦【巨人】小笠原31号(1回ソロ)、阿部33号(4回3ラン)、高橋由34号(5回ソロ). 二岡20号(8回ソロ). 感想. 今日は最後の首位攻防戦2回戦... [続きを読む]

受信: 2007年10月22日 (月) 01時48分

« 巨人優勝! セ・リーグ完結!!  | トップページ | 『PRIDE』の消滅について »