« 亀田とミッレミリア 極私的10月13日(土) | トップページ | セ・パ クライマックス・セカンドステージ »

2007年10月15日 (月)

メタボ健診について

今日の読売新聞の1面に、来年度から実施されるメタボ健診の記事がある。

それを読んでみると、40歳以上の健康診断に腹囲測定が加わって、メタボチェックをするのだそうだ。

ご存じのようにメタボとはメタボリックシンドロームの略で、日本では内臓脂肪症候群と訳される。
このメタボが原因で、高血圧、また高血圧からの心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病などの生活習慣病を引き起こす原因になるといわれている。

厚労省がメタボ健診をはじめる理由は、メタボ患者に専門の保健師などの指導を受けさせることで、メタボ人口を減らすことができ、年々増える医療費の削減ができるとのこと。

具体的な数字で言うと、25年度には医療費を2兆円ほど削減できると試算している。

確かに生活習慣病患者が減るならば、医療費削減以上の効果があるといえそうだ!

ただし新聞によると、厚労省のメタボの判断基準には科学的なデータによる裏付けがないのだそうだ。

その判断基準だけど、男性は腹囲85センチ、女性は腹囲90センチ以上でメタボ疑惑患者と判断されて、当てはまれば幸運にも次の項目に進めることになる。

血糖、脂質、血圧の3つの数値のうち、1つ、または2つ以上該当していて喫煙の有無等によって、メタボなのかメタボ予備軍なのかを判断して指導内容が分かれる。

メタボ予備軍と判定されれば“動機づけ支援”として専門の保健師の面接を1回受ける。
メタボと判定されれば“積極的支援”として継続的な指導を受けることになる。

めんどくさいけど自分の健康のためなら仕方がない。
でも、ちょっと待て!

腹囲は背の高さや筋肉の量によっても違いがあるだろうし、皮下脂肪と内臓脂肪は違う。そもそも男性の腹囲が85センチという値はかなりの人が該当するのだそうだ。国民健康・栄養調査によると、男性は2人に1人が、女性は5人に1人がこの数字に該当する。

しかも、内臓脂肪と生活習慣病との病原因としての因果関係は解明されていないというではないか!

つまり、病気の原因をメタボと診断できれば楽なだけではないのか?

我々は非科学非医学なデータによってメタボ患者の烙印が押されて、なにかが起こればメタボが原因として片付けられることになってしまうのだ!

日本人総メタボ患者の時代が到来する!

余談だけど、メタボの本来の意味は『代謝異常症候群』のことで、代謝の異常が脂肪の蓄積を引き起こすことで、内臓脂肪に限ったことではないらしい。しかも、皮下脂肪なのか内臓脂肪なのかは腹囲を計測しただけではわからないのだ。

わからないものを保健師はどうやって保健指導をするのだろうか?

それでもメタボ削減? それよりも日本語と化したメタボという言葉を撲滅してほしいのだよ。

|

« 亀田とミッレミリア 極私的10月13日(土) | トップページ | セ・パ クライマックス・セカンドステージ »

政治・ニュース ブッタ斬り!」カテゴリの記事

コメント

メタボはメタボに留まらない
メタボ⇒糖尿⇒ボケと進むらしい!
 ボケだけはいや、早く始めよう

『肥満の方のための減量法!』
-体質改善アドバイザーの教え⇒
837名がヤセた!90日間でー18.2kg!!-
説得力があり人気。
ビリーには及びませんが善戦しています。

しっかり食べて体内リセット
便秘解消 美肌効果あり
http://www.infotop.jp/click.php?aid=60461&iid=8561

投稿: hanamaru | 2007年10月16日 (火) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メタボ健診について:

» 高血圧 食事 [高血圧 食事]
高血圧 食事 [続きを読む]

受信: 2007年10月16日 (火) 00時57分

» 糖尿病と合併症の怖さ [糖尿病 自分は大丈夫ですか?]
糖尿病の合併症は大変多くあります。しかし糖尿病の危険なところは自覚症状がなかなか現れないところなのですよね。この糖尿病から心筋梗塞にもつながるわけです。身内のことになりますが、心筋梗塞という合併症になる前の話です。買い物の途中で倒れた!という話しを聞いたことがありました。長い間、糖尿病を患っていたこともあって、血糖値のコントロールがうまく出来ない状態なのですよね。高血糖という症状が長い間続�... [続きを読む]

受信: 2007年10月23日 (火) 16時06分

» 糖尿病:合併症と妊婦さんの懸念 [糖尿病を本気で治す]
もともと糖尿病自体がさまざまな合併症を併発します。通常の体でもいろいろな問題が起きますが、これが妊婦さんとなると、母親の体になんらかの異変が生じることになります。気のせいなんてほって置くのは大問題です。糖尿病性網膜症が進行して視力に異常をもたらし、糖尿病性高血圧症候群が考えられるまま子供を産むと、子供自体が巨大化したり、早熟児に考えられる奇形児、胎児が死んでしまうと言うこともあるのです。もともとの糖尿病に対する一般的な考え方... [続きを読む]

受信: 2007年10月27日 (土) 18時07分

« 亀田とミッレミリア 極私的10月13日(土) | トップページ | セ・パ クライマックス・セカンドステージ »