« メタボ健診について | トップページ | 『朝生』で討論された大相撲の未来は… »

2007年10月18日 (木)

セ・パ クライマックス・セカンドステージ

北海道日本ハムファイターズが2年連続プレーオフ&クライマックスを制して日本シリーズ進出決定!

天下分け目の戦いをダルビッシュ‐グリン‐マイケルの継投で千葉ロッテ打線を押さえ込み、ミスターパーフェクトこと成瀬善久をノックアウトで勝負ありだ!

これこそ地の利、ファンの利、パシフィックお得意のお祭り野球の真骨頂だった。 対する千葉ロッテの熱狂的なマツラーの願いは遠く北海道でプレーする選手の後押しができなかったってことか…。

千葉県民のオイラにとっては残念で悔しい結果ではあるけれど、セカンドステージ全5戦を一喜一憂できたことに感謝です。

日ハム、おめでとう!

同じ日に、セ・クライマックス・セカンドステージがはじまった!

今年こそ、日本シリーズ制覇をセ勢が奪回することが宿命となる。
もちろんセ・リーグ首位の讀賣ジャイアンツが成し遂げなければならない。

それなのに雰囲気はお寒い限りの鎮静ムード、あれでは奪回どころか目の前のドラゴンズに負けて当たり前。

はやく“脱・日常”、“脱・ペナントレース”しなさい!

そのためには、お祭り騒ぎを演出する、それこそ脱・日常なのだ。

短期決戦はそのときの勢いとそのときの運に左右される。その勢いと運を味方につけるためにも、お祭りムードとお祭り男の存在が必要不可欠なはずなのに、それを演出できずにいる。

それではダメだ!

勢いと運は瞬間的には実力よりも確率がいい。それを利用したのがパのお祭り野球なのだ。
スロースターターだけは絶対にまずいぞ! どんなパワフルなエンジンでも無用の長物なのだ。

キーワードは“脱”だ!

|

« メタボ健診について | トップページ | 『朝生』で討論された大相撲の未来は… »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103678/16803640

この記事へのトラックバック一覧です: セ・パ クライマックス・セカンドステージ:

« メタボ健診について | トップページ | 『朝生』で討論された大相撲の未来は… »