« 南びわ湖駅の是非4 | トップページ | 大連立と東京モーターショー 極私的11月3日 »

2007年11月 1日 (木)

短期決戦の鬼、落合監督日本一!

日ハムに雪辱を果たした!

中日ドラゴンズが53年ぶりの日本一に輝いたのだ!

この短期決戦、3球団を相手に、落合監督はまるで短期決戦の鬼と化したかのように1つの勝ちにこだわった。その象徴的なシーンが見られたのが、この日、8回までパーフェクトピッチングを続けた山井を交替させて岩瀬に繋いだシーンだろう。

ペナントレースでは有り得ない岩瀬の起用法が隙を封じ、クライマックス5連勝、日本シリーズ第2戦からの4連勝を導いたといってもよさそうだ。

中日は守備も完璧だった!
特に、荒木・井端のコンビは川相コーチ指導のもと、オレ流“野球は守備”を証明してみせた。

落合監督のスゴイところは、自らの選手時代の否定からはじめたところだろう。
監督就任時に『スターはいらない、補強はしない、チームの底上げ』を掲げた。落合博満こそがスターであり天才であり補強の取り合いで球団を渡り歩きた存在だったのに…。天性の感覚の持ち主が非理論なモノをいっさい捨てて、とにかく練習をさせまくったのだ。

大型補強にしても、横浜からウッズを獲得したぐらいで、居場所がなくなった中村ノリを拾ったぐらいか。

その2人が中日打線に重厚感をつくりだし、相手チームが嫌がる打線に再編成してみせた。

その中村紀洋が日本シリーズのMVPに輝いているのだ!

オリックスを自由契約となり、落合監督に拾われて育成選手として中日ドラゴンズに入団。

年俸400万円、出来高ゼロ、背番号205番からの再出発だった。

スポーツ新聞には『税金払えない、住むところがない、出来高もない』のナイ、ナイ、ナイ、と書かれてしまった…。

それがそれが、オープン戦で結果を残して1軍入り。終わってみれば日本シリーズのMVP男になってしまったではないか!

『野球がやりたい!』という一念が“再チャレンジ”の成功を導けたのだろう。

それもこれも、落合監督がノリを拾わなければ起こり得なかったこと。見抜いたところがスゴイ!

次はアジアシリーズですか!
とにかく、日本一おめでとう!


205番の再チャレンジ

http://fight-club.cocolog-nifty.com/noglog/2007/02/post_959d.html

|

« 南びわ湖駅の是非4 | トップページ | 大連立と東京モーターショー 極私的11月3日 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103678/16946715

この記事へのトラックバック一覧です: 短期決戦の鬼、落合監督日本一!:

« 南びわ湖駅の是非4 | トップページ | 大連立と東京モーターショー 極私的11月3日 »