« 毒ギョーザとインサイダー取引 極私的2月2日(土) | トップページ | バチスタチームと韓国人歌手 MAY 極私的2月9日(土) »

2008年2月 3日 (日)

映画『ラスト、コーション』 極私的2月3日(日)

2月3日(日)大雪・大岡越前の日

朝目覚めてカーテンを開けると、一面の銀世界にオイラはびっくり仰天!
昨晩から降り続いた大雪の影響は青梅マラソンや競馬を中止にしてしまうほどに。

オイラは9時に防寒万全の服に着替えて家を出た。
日曜日ということもあって辺りは静かで、空からはコンコンとぼたん雪が降ってくる。歩くとサクサクと路面に積もった雪が鳴く。

ワハハハ! あまりにも真っ白で幻想的な雪景色にワクワクするぜ!

映画『ラスト、コーション』

ズッコケないようにゆっくり歩いて駅前のドトールでブレンドコーヒーを注文して窓側の席で飲む。

うん、いつもの見馴れた景色も、よく飲むコーヒーの味も今日は最高!

さてと、今日はどうしようか…。ノープランで家を出たので困る。やはり映画しかない。

今観たい映画は『アメリカン・ギャングスター』と『ラスト、コーション』の2つの作品。どちらも観たい。

悩んだ挙げ句、『ラスト、コーション』にした。理由はどちらも2時間30分を超える長編映画なので、プレミアスクリーンで上映している方を選んだのだ!
だって、ふかふかのリクライニングシートで足を伸ばして観たいもんね。

『ラスト、コーション(色、戒)』は、名匠アン・リー監督による禁断の話題作で過激なシーンが問題となるほど。
主演はトニー・レオンと、1万人のオーディションの中から選ばれた新人女優のタン・ウェイ。

女スパイ役をタン・ウェイという新人女優が演じるのだけど、タン・ウェイの女優魂は凄いのひとこと。

作品に必要性があれば、すべてを曝け出す、過激なSEXシーンでも演じてみせる。これがホンモノの女優だよね。

日本には悲しいけど女優の中の女優がいないよな…。乳房をあらわにする女優も、過激なシーンを演じる女優もいない。落ち目の女優では作品にならない。

タン・ウェイはそれを見事に演じてみせたね!
彼女みたいな女優を育てるのは中国の政策なのかなぁ…? 『中国の植物学者の娘たち』のリー・シャオランという美しい女優も同じく映画の中で裸体を魅せた。

うん、間違いなく『ラスト、コーション』は世界で売れる純愛映画だ!
日本の映画が世界に売れない理由が、この映画を観てよくわかった気がするな。だって、映画の魅力は女優の魅力だもん。

2時15分、映画館を出る。外はまだ雪が降っている。

しかし、まだらな雪掻きの跡と人が踏んづけた茶色の路面は汚ならしい。しかも路面はびちゃびちゃだ!

こうなると雪化粧もへったくれもない。うっとうしいだけだ。我が家へ帰ろうっと。

|

« 毒ギョーザとインサイダー取引 極私的2月2日(土) | トップページ | バチスタチームと韓国人歌手 MAY 極私的2月9日(土) »

極私的日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103678/17944364

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ラスト、コーション』 極私的2月3日(日):

« 毒ギョーザとインサイダー取引 極私的2月2日(土) | トップページ | バチスタチームと韓国人歌手 MAY 極私的2月9日(土) »