« あと3日、ガソリン暫定税率期限切れ問題について | トップページ | 祝、舎人ライナー開通! »

2008年3月29日 (土)

ダーウィン展と上野公園 極私的3月29日(土)

ダーウィン展と上野公園
3月29日(土)
いよいよ桜が満開になって花見には最適な時期ですね。しかも天気が良い!
何か良いことがありそうな雰囲気に包まれてますよ!

そんな日ですけど、オイラは上野へ行ってきました。上野公園の桜のアーチを歩きながら花見をしましたけど、目的は花見ではなくてダーウィンです。

国立科学博物館で開催されている『ダーウィン展』へ行くためです!

今年はチャールズ・ダーウィン生誕200年という節目の年なので、ダーウィンの功績を再確認するのには丁度良いですね。

オイラは大学の一般教養で自然科学論を選択していたことがあって、そのときの試験で『自然選択とダーウィンフィンチについて論ぜよ』みたいな問題があって、そのことを思い出しながら、いざダーウィンワールドの入り口へ行く。

すると、真っ白な髭をたくわえたダーウィンの肖像画が出迎えてくれるのだ。まるでダーウィンが『ようこそ!』って言っているような雰囲気の肖像画だ。

館内には、ガラパゴスに生きる動物たちの剥製や、『種の起源』を執筆したダウン村の書斎を再現した展示物もあるので興味深いですよ!

やはり、チャールズ・ダーウィンの魅力といえば、進化の探求だろうね。
ダーウィンは5年もの期間をイギリス海軍の測量船『ビーグル号』に乗って世界を旅して、ガラパゴス諸島で進化のヒントを得る。

そんな経験を基にして、『自然選択』という進化の根源を科学的に説明する。これがダーウィンの功績なのだ!

進化の原動力とか、個体の優位性とか、進化論はこのへんの話がとても面白くて、鈴木光司の『リング』の面白さも、この進化の面白さを題材にしているのです。決して“貞子”は主役ではなく、主役は自然科学なのです。だって、リングは進化に多様性がないから滅びてしまったのだから。

まぁ、そんな話はどうでもいいか。

最近では、進化のヒントを発見したガラパゴス諸島が環境破壊の影響を受けているそうで、今ではガラパゴスに住む動物たちは人間に飼育されないと滅びてしまうのだそうです。種が滅びていく姿というのは悲しいものです。

|

« あと3日、ガソリン暫定税率期限切れ問題について | トップページ | 祝、舎人ライナー開通! »

極私的日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103678/40683046

この記事へのトラックバック一覧です: ダーウィン展と上野公園 極私的3月29日(土):

« あと3日、ガソリン暫定税率期限切れ問題について | トップページ | 祝、舎人ライナー開通! »