« バンテージポイントとF1開幕とDREAM 極私的3月15日(土) | トップページ | 日銀総裁の空席問題について »

2008年3月16日 (日)

父越え!中嶋一貴6位入賞

『オーストラリアGP決勝』

トラクション・コントロール・システムが使用禁止になると、F1レースはこうなりますよ!っていう想定どうりのレースだったかな。

スタート直後の1コーナーでパワーを有り余したマシンはタイヤが空転し、制御不能となったF1マシンはコースの外へと弾き出されてしまうのだ。

その1コーナーでの多重クラッシュを横目にスルスルっと通過したスーパーアグリの佐藤琢磨は一気に10位までジャンプアップだもんね!

これは痛快だよ。

だって、国際映像に映し出された琢磨vsマッサ、vsグロッグは、資金難でテストもほとんど出来なかったアグリが資金力豊富なF1マシンをブロックしている姿が世界中に流されるんだもの。これだからスーパーアグリは欧州で人気があるんだよね!

それに対してフェラーリはどうしたんだろうか…。特にライコネンは、この週末まったく良いところなし。

予選ではQ2中にマシントラブルに見舞われて、決勝では2度目のSC後にコバライネンとのバトル中コースアウト。これもTCS廃止による影響で、王者らしからぬミス。その後にもトヨタのグロッグとのバトル中にスピンアウト。ライコネン、どうしたの?

これでチカラ尽きたのか、レース残りわずかのところでスローダウン。まぁ、こんなレースもあるか…。割り切るしかない。

そして、今季からフル参戦、日本人注目のウィリアムズ・トヨタ・中嶋一貴は、

セーフティーカーが3度も投入される荒れたレースの中、父親譲りの納豆走行で入賞射程圏内にジワジワと入ると、
残り10周のところでBMWのクビツァに競り勝ち、
残り4周のところでフェラーリのライコネンがストップ、ついにポイント圏内の8位に浮上。
残り2周のところでブルデーのリタイアによって、7位でゴールイン!
レース後にバリチェロの信号無視違反で繰り上がっての6位完走。なんと開幕戦から3ポイントも獲得しましたよ、悟さん!

今季のウィリアムズは戦闘力ありとみた!

開幕戦を制したのは、ポール・ポジションを獲得したマクラーレンのルイス・ハミルトンだった!

やはり今季もこの男がF1サーカスを牽引する!

|

« バンテージポイントとF1開幕とDREAM 極私的3月15日(土) | トップページ | 日銀総裁の空席問題について »

F1 スーパーアグリ応援団」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103678/40524511

この記事へのトラックバック一覧です: 父越え!中嶋一貴6位入賞:

« バンテージポイントとF1開幕とDREAM 極私的3月15日(土) | トップページ | 日銀総裁の空席問題について »