« 奇跡のチームを僕達は忘れない! | トップページ | 余命6ヵ月、あなたは何をしますか? »

2008年5月14日 (水)

アグリがいないグランプリ…

スーパーアグリと佐藤琢磨の姿がイスタンブールのどこにもないなんて、なんとも言えない虚しさを感じてしまうね。

あぁ、本当に撤退してしまったんだなぁ…と、つくづく思う。

こうなると、たった一人の日本人ドライバー、ウィリアムズの中嶋一貴への期待がますます大きくなる。

一貴よ、琢磨にかわって太陽になれ!

そんな日本人の想いを一身に背負った一貴だったけど、決勝は10秒ほどでレースを終えてしまったね…。無論、一貴が悪いわけではない。キングフィッシャー航空が飛んできたのだから仕方がない。後方スタートではよくあることだからね。でも、Q1敗退はいただけないよ。次のモナコでは太陽のように輝いてくれ!

決勝では、ひさびさにシルバーアローのマシンが目をひいた。ハミルトンは奇襲3ストップ作戦、コバライネンはオーバーテークの嵐!

でも、ハミルトンの奇襲3ストップ作戦は、ブリヂストンの浜島さんが強く提案したみたいだね。フジTVの中継でも、浜島さんが、ターン8での右フロント外側にかかるダメージを解説していたし、ましてハミルトンのドライビングスタイルを考慮すると、3ストップでハード選択以外の作戦はなかったみたい。

そんなピンチをチャンスに変えられるのがハミルトンの凄さで、3ストップ作戦にしたことで、ウィークポイントだったターン8をグリップ効かせて誰よりも速く走れたことがフェラーリの一角を崩した勝因だろう。

対して、フェラーリ勢は2ストップで、しかも、ミディアム・ミディアム・ハードを選択できるほど、タイヤにはやさしいマシン&ドライバーであることを証明した。

これもスゴイことだ!

もはやフェラーリを崩すにはエンジンを使わせる以外にはないだろうね。ここ数戦、フェラーリ勢はエンジンに負担をかけないように走れていたけど、ハミルトンが奇襲を仕掛けたことで、マッサもライコネンもプッシュせざるを得ない。こんなときにトラブルって発生するからね!

あと、このグランプリでは、ホンダのルーベンス・バリチェロが257戦出場の最多記録を樹立した!

これは、おめでとうだろう!

16年間もF1マシンに乗り続けたのだからね。唯一、アイルトン・セナを知る人物でもある。悲劇の日の前日には若きバリチェロも大クラッシュを演じた。

そんなバリチェロで思い出すのは、94年の初ポール獲得のときかな。

当時、弱小チームだったジョーダンに所属していたバリチェロにとっては、ポールポジションなんて夢のまた夢。そんなとき、予選の路面コンディションがウェットからドライへと変化し、最後にアタックしたバリチェロだけがドライタイヤで走れてポール・ポジションを獲得できたのだ。

本人は300戦出場を目指すようだけど、そろそろ琢磨にシートを譲ってもいいんじゃないかなぁ…!?

トルコGP決勝
優勝マッサ(フェラーリ)28
2位ハミルトン(マクラーレン)28
3位ライコネン(フェラーリ)35
4位クビツァ(BMW)24
5位ハイドフェルト(BMW)20
6位アロンソ(ルノー)9
7位ウェーバー(レッドブル)10
8位ロズベルグ(ウィリアムズ)8

|

« 奇跡のチームを僕達は忘れない! | トップページ | 余命6ヵ月、あなたは何をしますか? »

F1 スーパーアグリ応援団」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103678/41206567

この記事へのトラックバック一覧です: アグリがいないグランプリ…:

» アグリがいないグランプリ… [中嶋一貴の秘密]
... こうなると、たった一人の日本人ドライバー、ウィリアムズの中嶋一貴への期待... [続きを読む]

受信: 2008年5月16日 (金) 17時25分

« 奇跡のチームを僕達は忘れない! | トップページ | 余命6ヵ月、あなたは何をしますか? »